Sponsored Link




【バンコク・ショッピング】UNIQLOユニクロ×marimekkoマリメッコ2019・購入したもの

Sponsored Link



2019年11月28日から日本以外のユニクロで販売が開始された「UNIQLOユニクロ×marimekkoマリメッコ」コラボ商品。発売初日の昨日、私もバンコク・セントラルワールドにあるユニクロ店舗をのぞいてきました~。

 

ユニクロ×マリメッコの2度目のコラボ

2018年3月末に発売され、大きな話題となったユニクロとマリメッコのコラボ。日本でも人気を集めたのは記憶に新しいところですよね。今回はその第2弾ということで、レディス、キッズ、ベビーの3つのカテゴリーでコラボ商品が販売されることになりました。

 

今回のコラボでは「シイルトラプータルハ(Siirtolapuutarha)」「キヴェット(Kivet)」といったマリメッコの人気デザインが採用されています。前回と比較すると、強めな柄が多く採用されているのかな、という印象です。

 

前回のコラボでは心惹かれるものを見つけられずスルーした私でしたが、今回は気になるものがあり、発売初日に売り場に足を運んでみることに。また、今回のコラボ商品は日本では販売されないということなので、日本に住むマリメッコ好きの妹にお土産を買えたらいいかな~とも思ったのでした(日本で販売されないのはどうしてなんでしょうね?理由が気になる!)。

 

 

発売初日の売り場の様子

そんなわけで、発売初日は10時過ぎにセントラルワールド店へ。セントラルワールドを選んだのはなんとなくですが納品量が多そうだな、という理由です、はい。

 

店のエントランスは上写真のとおり閑散としていたのですが、店内に設けられたマリメッココーナーには人・人・人。皆さん何時にここに来たんでしょう?開店って10時じゃないの?と戸惑う私。

 

レディス・キッズともにダウンジャケットの人気がやはり高い模様。キッズは特に可愛いですもんね~。ジャケットが並んでいたはずの場所は開店10分後の段階で既にガラガラでした。

 

補充商品が運ばれてくるやいなや、商品が掛けられたポールにグワーッと群がる女性たち。ポールから一瞬で商品が無くなるんですよ、ほんとに。

 

私が行ったセントラルワールド店に関しては、来店客の9割以上がタイ人だったと思いますが、皆さん爆買い具合が凄まじく、カゴ一杯の商品を購入してましたね。なかには転売目的の人もいるとは思いますが、こんなに盛り上がっちゃうんだな~とビックリです。

数年前のタイではマリメッコは知る人ぞ知るブランドだったはずなんですけどね。トートバッグの流行を機に、今では人気ブランドとしての市民権をすっかり得ているようです。

レジにも長蛇の列が・・

 

 

ユニクロ×マリメッコ・購入したもの

そんなタイ人客の熱狂ぶりに戸惑いながらも、欲しかったものはなんとか購入することができました。今回買ったのは以下の5品。

  • 長袖シャツ(990バーツ・約3,600円 ※日本円は2019年11月29日時点のレートで換算)

サイズが大きいものしか売り場に残っておらず、試しに試着したら思いのほか可愛くて即決。ゆったりめで着ようと思います。

 

  • チュニック(790バーツ・約2,900円)3点とソックス(190バーツ・約690円)1点

チュニック、Tシャツ両方を試着してみたのですが、チュニックの形が良くて3枚購入。妹と分けようと思います。あとは妹用にソックス1足。ヒートテックじゃなかったら私も欲しかったな~。

 

所詮はユニクロ商品でしょ、という見方もあるとは思いますが、マリメッコのデザインをユニクロ価格で楽しめるなんて最高じゃん!と個人的には思います。しばらくはこのコラボ商品を着用するタイ人が街にあふれると思うので、ほとぼりが冷めた頃に着ようかな~とは思ってますが(笑)。

 

なお、このコラボ商品はタイのユニクロ各店のほか、ユニクロ公式通販サイトでも購入が可能です。アイテムによっては品切れ・サイズ欠けしている商品も既に出てきているようですが、この記事の公開時点では商品がまだ残っています。ご興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村