Sponsored Link




【バンコク・ビュッフェ】トンロー「エリックカイザー」のパン食べ放題ランチ

Sponsored Link



記事公開:2018年10月02日 記事更新:2019年05月22日

※2019年2月の店舗移転に伴い、しばらく休止していたパン食べ放題ランチが2019年5月より復活。情報を追記しています。

 

トンローのベーカリー「メゾン・エリック・カイザー(Maison Eric Kayser)」で週末に開催されているお得なパン食べ放題ブランチセットをご紹介します。エリック・カイザーのパンを思いきり食べたいという方にはおすすめのビュッフェです。また、ファミリーフレンドリーな雰囲気なのでお子さん連れの方にもおすすめしたいです。

人気ブーランジェリーが提供するお得なビュッフェ

フランスの伝統的な製法で作られる天然酵母パンが世界各地で人気を集めるメゾン・エリック・カイザー。2001年に上陸以降、日本でも根強い人気を誇るブーランジェリーですよね。

ここタイにも2015年3月にバンコクに1号店をオープンしたのち店舗を徐々に増やし、2018年10月現在はタイ国内で4店舗を営業する人気店です。特に1号店のトンロー店は日本人が多く住むエリアにあるということで、よく利用されている在住者の方も多いのではないかと思います。

 

今回ご紹介するパン食べ放題ブランチは、トンロー店限定で毎週土日の9時半~14時半に開催されているプロモーションです。大人390バーツ(サービス料別)でサラダバー・パン食べ放題に加え、スープ、メイン、ドリンク1杯(紅茶かコーヒー)がセットで楽しめるというお得な内容となっています。

 

嬉しいのは、4~8歳は195バーツ(サービス料別)という子ども料金が設定されている点(3歳以下のお子さんについては無料)。そのため、小さなお子さんを連れたファミリーには大変人気があるプロモーションのようです。

 

 

さまざまな種類のパンが楽しめる

パン食べ放題ブランチでは、店内に設置されたテーブルのうえにパンとサラダ、フルーツがずらりと並べられ、好きなものを好きなだけ楽しむことができます。パンを丸々1個渡されるとすぐにお腹が膨れて困っちゃいますが、ここではいろいろな種類のパンを少しずつ楽しむことができるのがありがたいです。パン好きにはたまりません。

 

テーブル上のサラダとパンは何度でも取りに行ってOKです。私が写真を撮影したこの日はピザやデニッシュ系のパンがいろいろ出ていました。時間帯によって並ぶパンが異なるので、数回に分けてパンを取りに行くのがおすすめです。

 

テーブル上にはパンと一緒に楽しめるおかず系のペーストも複数並びます。飽きずにパンを楽しむことができますよ。

 

 

メインもボリュームたっぷり

サラダとパンを好きなだけ楽しめるだけでもかなりのお得感があるブランチセットだと思うのですが、スープとメインも付いてくるのがこのブランチの凄いところ。

 

この日の「本日のスープ」はマッシュルームを使ったスープが出てきました。

 

メインは肉・魚・パスタの計7種類から好きなものを選ぶことができます(ビーフステーキのみ+200バーツ)。メインの味自体はお値段もお値段なので特筆すべき点はありませんが、いずれもボリュームたっぷり。メインが運ばれてくる前にパンでお腹いっぱいになっていて、メインを食べきれない人もいるんじゃないかなと思いますね・・。メインも楽しみたいのであれば、お腹にある程度の余裕を残しておいたほうが良さそうです(笑)。

食後にまだお腹に余裕がある場合は、チョコレートマフィンなどのおやつ系やフルーツを楽しんでも可。大人390バーツ・子ども195バーツでここまで楽しめるのは、いまのバンコクの物価を考えると貴重なプロモーションといえるのではないでしょうか。我が家は超食べ盛りの思春期男子が居ますのでこういうビュッフェは本当に助かります(涙)。なお追加料金を支払えば、ビール・ワインのフリーフローも楽しめます。

 

 

2019/02/17追記 店舗が移転&土日限定ビュッフェは一時休止中

メゾン・エリック・カイザーはトンロー・ソイ13のSeen Spaceに店舗を移転しました(詳細は下記店舗情報をご覧ください)。なお、当記事でご紹介したパン食べ放題ランチは新店での提供準備がまだ整っていないということで、2019年2月17日現在は一時休止中となっています。今後準備が整い次第、再開されるということです。

 

 

2019/05/22追記 新店で土日限定ビュッフェがスタート

2019年2月より休止していた土日限定ビュッフェが再びスタートしたので情報を追記。提供時間が9時~14時半までに変更になり、価格も少し変更になっています。また、以前は時間制限が無かったと思うのですが、食事できるのは2.5時間までというルールが設定されているそうです。

 

新ビュッフェの内容・価格は以下の通り(記載価格にサービス料が別途チャージされます)。

<Starters>

  • オーガニックサラダバー
  • ブレッドバー
  • 日替わりスープ
  • ペイストリー
  • フルーツ

 

<選べるメイン>

  • 390バーツ  ポークステーキ、グリルチキン、ダックコンフィ、トムヤムクンスパゲティのいずれか
  • 490バーツ  サーモンステーキ、もしくはシーバスグリルのいずれか
  • 690バーツ  和牛ステーキ

 

なお、以前は子ども料金が年齢別となっていましたが、今後は身長での判断となるそうなのでご注意ください。今後は身長90cm以下のお子さんは無料、120cmまでのお子さんは大人料金の半額という扱いになるそうです。

 

 

お店情報(移転後)

メゾン・エリック・カイザー(Maison Eric Kayser)

https://www.facebook.com/MaisonEricKayserThailand

住所:Seenspace Thonglor, Soi Sukhumvit 55 (トンロー・ソイ13), Sukhumvit Rd., Klongton Nua, Wattana Bangkok

TEL:(+66)2-712-9070

営業時間:07:30〜22:00

アクセス:トンロー駅(BTS)から徒歩8分

駐車場:あり

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村