Sponsored Link




【移転】個人的超おすすめタイ料理店「クルア バンレン(Krua Banleng)」

Sponsored Link



記事公開:2017年09月06日 記事更新:2019年06月07日

※Krua Banlengは当記事でご紹介したチョンノンシーの店舗を閉店し、スクンビットエリアに移転しています。新店舗情報を追記しました。

 

今回は最近食事に行って「本当に美味しい!」と感激したお店、2017年8月にオープンしたばかりのタイ料理店「クルア バンレン(Krua Banleng)」をご紹介します。

f:id:bangkoklife:20170906102410j:plain

有名音楽家のファミリーが手掛けるレストラン

サトーンのオフィス街にオープンした一軒家レストラン「Krua Banleng」を運営するのは、タイ古典音楽の世界で楽器「ラナート(木琴)」の伝説的奏者として知られるLuang Pradit Phairoh氏のお孫さん。

f:id:bangkoklife:20170906103819j:plain

 

Luang氏は日本でも2005年に公開されたタイ映画「風の前奏曲(The Overture)」の主人公のモデルにもなった人物です。

 

店内にはさまざまな古典楽器や古いレコードジャケット、カセットテープなど、音楽にまつわる品々がディスプレイされています。

f:id:bangkoklife:20170906103651j:plain f:id:bangkoklife:20170906103719j:plain f:id:bangkoklife:20170906103844j:plain

 

この日は1階席で食事していたのですが、オーナーさんの親友だという方がたまたま後ろの席で食事をしており、声をかけてもらったんですね。その方がご親切に店内を案内してくださったので、店内写真をいろいろ撮影させてもらいました。

 

1階席は明るく、カフェのような雰囲気。

f:id:bangkoklife:20170906104327j:plain

 

落ち着いた半個室っぽい客席もありました。

f:id:bangkoklife:20170906104402j:plain

 

中庭でも食事が出来るそうです。この日は食事をしている人はいませんでしたが、グループで来店していたお客さんたちが中庭で代わる代わる記念撮影していました。

f:id:bangkoklife:20170906104513j:plain

 

2階には団体さん向けに大きめの個室があります。壁には「風の前奏曲」の日本版ポスターも飾られていましたよー。

f:id:bangkoklife:20170906104745j:plain

 

近隣はオフィス街ということで、こういう団体席は何かと重宝されそうですね。

f:id:bangkoklife:20170906104924j:plain

 

2階吹き抜け部分からの眺めはこんな感じ。開放感があります。

f:id:bangkoklife:20170906105026j:plain

 

 

良質な素材を丁寧に調理

こちらのレストランで味わえるのは、代々伝わってきたファミリーレシピに基づいてつくられるオーセンティックなタイ料理。奇をてらったメニューはありません。調理に使用する素材にはかなりこだわっているそうで、カレーペースト等もいちから手作りしているとのこと。一口食べれば、とても丁寧に手をかけて作られている事が分かる料理ばかりでしたよ~。

f:id:bangkoklife:20170906105844j:plain f:id:bangkoklife:20170906105910j:plain f:id:bangkoklife:20170906105933j:plain

 

特に絶品だったのが、牛あばら肉を使用したスープ”Authentic Thai spicy soup with beef short ribs”(250B)。ガピ(海老味噌)をふんだんに使用しているので好みは分かれそうですが、ガピが大丈夫な方にはおすすめ!辛いですが、全然いやらしい辛さじゃないんですよね。スッキリとした辛味と酸味がとにかく上品な味わいなんです。お肉もホロホロで美味しかったな~。

f:id:bangkoklife:20170906110410j:plain

 

こういうオーセンティックなタイ料理店に来るとデザートも外せませんよね。こちらのお店もデザートにはとても力を入れている模様で、写真入りのしっかりしたデザートメニューが用意されていました。

f:id:bangkoklife:20170906111047j:plain

 

私たちはPASTELというお菓子3種(タイティー・ココナッツ・パンダンリーフ 115B)とHome made toast with caramel(165B)を注文。

 

PASTELは凍らせたムースケーキという感じでしたが、どのフレーバーも甘さ控えめでとっても美味しかったです。味の濃いタイ料理を食べた後にはぴったりです。

f:id:bangkoklife:20170906111434j:plain

 

Home made toast with caramelは見た目どっしりですが、こちらも甘さは控えめ。外がカリカリ、中がふわふわのパンが美味しいのに加え、小皿で添えられたキャラメルソースが絶品で!甘さとしょっぱさのバランスが絶妙でちょっとびっくりするレベルの美味しさでした。

f:id:bangkoklife:20170906111705j:plain

 

今回注文したメニューはどれも美味しく、久々に「良い店を見つけたな~」という感じ。街の一般的なタイ料理店よりはちょっと高めの価格設定ですが、その分満足度も高いお店でした。ちなみに、今回のお会計は上記4品とデザート2品、水、ライスで1,300Bほどでした。サービスチャージはありません。来店しているのは上品なお客さんばかり、スタッフのサービスも素晴らしいです。

 

 

2019/06/07追記 店舗がスクンビットに移転しました

Krua Banlengは本記事でご紹介したチョンノンシーの店舗を閉店し、現在は「Krua Banleng 33」と店名を変え、スクンビット・ソイ33で営業しています。下記「お店情報」を最新の内容に更新済みです。

f:id:bangkoklife:20170906103743j:plain

 

 

お店情報

Krua Banleng 33(クルア バンレン33)

https://www.facebook.com/kruabanleng33/

住所:  AVORA31 Residence内 28 Soi Sukhumvit 31, Khlong Tan Nuea, Wattana, Bangkok

TEL:(+66)98-881-6362

営業時間:11:00〜22:00 ※月曜定休

アクセス:プロンポン駅(BTS)から徒歩約12分

ブログ村「バンコク情報」ランキングに参加しています。記事が面白かったな~というときは、応援クリックをして頂けると励みになります。どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村