Sponsored Link




【バンコク・デリバリー】人気タイ料理店「スパンニガーイーティングルーム」の新デリバリーメニューを注文してみた

Sponsored Link



人気タイ料理店「Supanniga Eating Room(スパンニガー・イーティング・ルーム)」が一般家庭・オフィス向けのデリバリーサービス「Sood Kua」をスタートしたと知り、先日料理を注文してみました。

 

トラート料理を丼ものでカジュアルに提供

トラート県の本格郷土料理、家庭料理を楽しめることで人気のSupanniga Eating Room。今回紹介するデリバリーサービスでもトラート料理を前面にフィーチャーしています。

デリバリーサービス「Sood Kua」

https://www.facebook.com/soodkuabysupanniga/

 

Sood Kuaで提供されている料理を大まかに分けると、炒めた具材&白飯の組み合わせか、具材と米を一緒に炒めた炒飯の2種類となります。それに具材のバリエーションが加わり、メニューは全部で計8種類(下写真)。いずれのメニューもワンプレート、日本で言うところの丼ものスタイルでカジュアルに提供されているのが特徴となっています。

 

加えて、Sood Kuaのもうひとつの特色が写真の緑色のソース。ニンニク、唐辛子、塩、ライム、砂糖から成るこのソース、タイでシーフードを食べる時に使ったことがある方も多いと思いますが、Sood Kuaでは前述のすべてのメニューにこのソースが使われているのだとか。

 

このソース、結構辛い印象があり、料理がどんな風に仕上がっているのか興味津々だったのですが、食べてみると意外と辛さは控えめな印象。別添のソースを少し追加して、私的にはちょうど良い辛さになりました。辛いのが苦手な方もいるので、各人で辛さレベルを調節できるようにしているんでしょうね、きっと。このソースは辛さに加え、酸味もほどよく混じっているのが良い感じでした。

Crab Roe, Prawn, Pork with Chili & Salt Fried Rice

具材は今回、Crab Roe、Prawn、Porkの全部入りにしましたが、具材がゴロゴロと贅沢に入っていたのも良かったです。目玉焼きの焼き加減も丁度良いし、さすがスパンニガーという印象。配送費が別に29バーツ(均一価格)かかりましたが、200バーツ以下でこの内容なら大満足。私的にはリピート有りだと思いました。ランチでちょっと贅沢したいという時には良いと思います。

 

こんな袋に入って届きます

 

なお、料理の注文方法ですが、2019年12月現在はLine Man(”Sood Kua”と検索してみてください)での受付のみとなっており、年明けからGrabFoodを介した注文が可能になるそうです。また、大口注文についてはLINE(ID:@SupannigaGroup)で受付してもらえるそうですよ~。

 

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村