Sponsored Link



【バンコク・ショッピング】アボカド好きにおすすめ!アボカド通販サービス「バンコクフルーツ」

Sponsored Link



バンコクではニュージーランド等からの輸入品、もしくはタイ産のアボカドを購入することができますが、輸入品は価格が高く、国内産はハズレに当たることも多いのが困りもの。

そんなわけで、アボカド好きの私。バンコクでもっとリーズナブルで美味しいアボカドを購入できないものかと不満に思っていたところ、Facebookで偶然見つけたのがアボカドの通販サービス「Bangkok Fruits(バンコクフルーツ)」でした。

 

当記事は、2017年に姉妹ブログ(閉鎖済)に公開した記事を加筆修正したものです。

Bangkok Fruitsはチェンマイに拠点を置くアボカド専門の通販業者。日本のスーパーでおなじみのHass種のほか、Booth7種、Buccaneer種などを扱っていて、その時々に出荷可能なアボカドをオンラインで販売しています。

 

例年、営業期間は7月~11月末のみと短く、その間は発送準備が整うと「注文受付を開始します」という投稿がFacebookにUPされます。購入したい場合はLINEで連絡し、指定された銀行口座に商品代金&送料を振り込む→発送という流れです。

 

気になるアボカドの価格ですが、品種によって若干変わってきます。安いものだと3キロ300バーツ程度から。

 

また、当然ですが重量も品種によって変わるため、同じ3キロの注文でも受け取れるアボカドの数は変わってきます(下写真2枚はいずれも3キロ注文した際のものです)。いずれの品種の場合も最小注文量の3キロで10個以上は届くと思うので、単身や少人数家庭の場合、友だちと共同購入するのが良いかもしれませんね~。

単に私がラッキーだっただけかもしれないですが、これまで受け取ったアボカドに明らかなハズレと思われるものはありませんでした。また、Facebookのレビューも4.7(2021年2月時点)と高いことからも、信頼できる業者さんだと私は思っています(海外での通販、しかも扱うのが果物なので、細かいことをあまり気にしない人向けなのは間違いありませんが・・)。

 

最後に。Bangkok Fruitsで購入したアボカドをより美味しく食べるためのコツを以前教えてもらったので載せておきますね~。以下の保管方法を守れば、美味しいアボカドを楽しめると思いますので参考まで。

  • アボカドは毎回固い状態で届きます。熟成を進めるため、届いた箱に入れたままで保管してください。湿気・太陽光・高温から守るため、蓋は必ず閉めてください。
  • 室温で熟してきたなと思ったら冷蔵庫へ入れましょう。
  • 熟成を遅らせるために冷蔵庫の野菜室に入れるのはアリですが、3日以上入れっぱなしにはしないでください。3日以上冷蔵もしくは冷凍すると、アボカドは苦くなってしまいます。

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村