Sponsored Link




【バンコク・ベトナム料理】本格的な北ベトナム料理が楽しめる「フォー・ヴァン(PHO VAN)」

Sponsored Link



飲食店情報の収集手段が最近はもっぱらFacebookな私。今回ご紹介する北ベトナム料理店「フォー・ヴァン(PHO VAN)」もFacebookで存在を知った一軒です。先日のタイ3連休中にラムカムヘン大学そばにあるフアマーク店に行ってきましたので、お店の様子などご紹介したいと思います。

想像していた以上の人気店

PHO VANはラムカムヘン・ソイ24にあります。数ケ月前から目をつけていたのですが、お店の場所が我が家から少し距離のある場所ということでなかなか足を運べずにいました。

 

私にラムカムヘン周辺の土地勘がほとんど無いため、どんな場所にお店があるのか全く見当がつかなかったのですが、実際に足を運んでみるとお店周辺は意外にも栄えている印象でしたよ。近くにラムカムヘン大学やアサンプション大学のフアマークキャンパスがあるのが影響しているのかも?PHO VANの近所には日系のラーメン店「らーめん味彩」や若者向けの韓国料理店などが並び、どこも繁盛している感じだったんですよね。若い人が多く、活気がありました。

 

さて、お目当てのPHO VANですが、こちらもまさかの激混み!連休中だったせいもあるかもしれませんが、私たちの前に入店待ちが2組おり、私たちも入店するまで20分以上は待ったと思います。入店後も電話予約で席が押さえられていたので事前予約がベターかもしれませんね。小さなお店ですし。

 

店内の壁にはプロパガンダアートが飾られています。ローカルな店構えを勝手に想像していたのですが、ここでも予想は裏切られました。意外におしゃれです。

メニューブックにもベトナムの文化や料理を紹介する写真や文章が盛り込まれていてなかなかユニークなんです。

 

具だくさんのフォーに大満足

店名に「フォー」とあるので、注文すべきはやはりフォーでしょう!ということで、ビーフを使ったNorthern Pho Special(129バーツ)を注文してみたのですが、これがボリュームたっぷりで驚きました。麺の量が多いのに加え、モモ肉、肩バラ、ビーフボールなど食感・味わいの異なるお肉が具材としてたくさん載ってきます。食べても食べてもなかなか減らないんですよ、これ。

18時間かけて作られているというスープは実に濃厚。パンチの効いたスープは、ひとくち食べた瞬間に口中に旨味が広がります。

 

フォーのお供には揚げ春巻き(99バーツ)と鶏の塩唐揚げ(109バーツ)を注文してみました。バインミーやパパイヤサラダも注文しようかな?と最初迷っていたのですが、止めておいてよかったです(笑)。フォーのボリュームが多くて、とてもじゃないけど完食できなかったと思います。

 

良心的な価格設定が嬉しい

気になるお会計ですが、フォー2皿、炒飯1皿、鶏唐揚げ、揚げ春巻きにソフトドリンク・お茶計3杯で500バーツちょっと!メニューの価格にVATが加算されますが、サービスチャージは取っていないようです。都心のベトナム料理店で同じ料理を注文したら、間違いなく1,000バーツ以上になるでしょうね。

メニューには食べてみたいものが他にもたくさんあったので、次回は別の店舗・シーナカリン店に行ってみようと思います。今回注文した料理は繊細で優しい味、外国人向けのベトナム料理というのとはひと味違い、パンチの効いたものが多かっただけに、次回は違った感じのものも食べてみたいなと。

なお、私たちが訪れた日は使用不可でしたが、レストラン割引予約アプリ「Eatigo」の加盟店でもあります。お店に行かれる方は事前に是非Eatigoをチェックしてみてくださいね。

フアマーク店: https://eatigo.com/th/bangkok/en/r/pho-van-ramkamheang-2577

シーナカリン店:https://eatigo.com/th/bangkok/en/r/pho-van-seri-villa-srinakrin-2578

 

お店情報

PHO VAN(フアマーク店)

https://phovan.com/

https://www.facebook.com/viethaphovan/

住所: 124/8 Soi Ramkhamhaeng 24, Hua Mak, Bang Kapi, Bangkok

TEL:(+66)2-719-0778

営業時間:10:00~22:00

アクセス:エカマイ駅もしくはプラカノン駅(BTS)から車で約15分

駐車場:なし

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村