Sponsored Link




【ベトナム・旅とグルメの本】ベトナム料理好きにおすすめ!「ベトナム行ったらこれ食べよう!」

Sponsored Link



誠文堂新光社から発売されている旅とグルメの本「〇〇行ったらこれ食べよう!」シリーズにベトナム版が加わったと聞き、バンコクの書店で早速入手しました。「ベトナム行ったらこれ食べよう!」はベトナム料理がお好きな方、今後ハノイやホーチミンに行かれる予定のある方におすすめの一冊です。

ベトナム通の料理研究家がベトナム南北の食をナビゲート

「ベトナム行ったらこれ食べよう!~ 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。~ 」は、ホーチミン市に15年暮らした料理研究家・トミザワユキさんが、ホーチミン・ハノイ両市が誇る絶品グルメのなかから、ご自身が偏愛するグルメだけを厳選して紹介しているグルメ本です。

 

この本が面白いのは、グルメスポットをただ紹介するだけではなく、旅行者がなかなか知ることができない「現地の人はこのようにして食べている」といった豆知識や、食材の解説などもしっかり掲載されている点。ホーチミン・ハノイ両市に住んだ経験を持つカメラマン・西澤智子さんの撮影された写真もすごく素敵で、誌面を眺めているだけでベトナムに今すぐ飛びたくなってしまうから困りものです(笑)。

タイの食文化も地域によって特色が異なっていて非常に面白いのですが、南北に長い国・ベトナムも同様に食材や味付けが地域によって大きく異なる国として知られていますよね。ベトナム料理が大好きで、日本に居た頃からベトナム料理をたくさん食べてきましたが、まだまだ知らないことだらけなので、この本でしっかり勉強しようと思っています。

 

なお、タイにお住まいの方なら「ベトナム行ったらこれ食べよう!」はバンコク紀伊國屋書店で入手が可能です(私がお店に行った際は未入荷だったのですが取り寄せしてもらいました)。タイでは定価594バーツ(紀伊國屋カード割引適用で534バーツ)で販売されています。

タイ版もおすすめです!

「〇〇行ったらこれ食べよう!」シリーズとしては、タイ版「タイ行ったらこれ食べよう!」も2014年に発売されています

タイ版はタイ料理ライター・白石路以さんがおすすめの飲食店をナビゲートされているのですが、この本を頼りに掲載店にこれまで何軒足を運んだかわかりません(笑)。タイのローカルグルメがお好きな方にはおすすめの一冊です。

 

 

<関連記事>

紀伊國屋カードについて詳しくは下記記事をご覧ください。

【タイで英語を学ぶ】タイ・バンコクで英語を学ぶ<子ども編>②

 

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村