Sponsored Link




【バンコク・ローカル食堂】イェンタフォーが美味しい!「イェンタフォー・コンベント」

Sponsored Link



記事公開:2017年02月15日 記事更新:2018年02月10日

※「ミシュランガイドブック・バンコク2018」の掲載情報を追記しました。

 

シーロム・コンベント通りにあるタイ人に大人気のイェンタフォー店「イェンタフォー・コンベント(เย็นตาโฟคอนแวนต์)」を本日はご紹介します。

f:id:bangkoklife:20170215165435j:plain

ピンクのスープの「イェンタフォー」

「イェンタフォー」は中国の客家料理をルーツとする麺料理なんだとか。そのため、タイだけはなく、マレーシアやシンガポールなど潮州や福建出身の華僑が多いエリアで広く食べられているそうです。

 

豆腐を紅麹で発酵させた紅腐乳を使うため、スープはびっくりするような色=ピンク色をしています。以前住んでいた東京でよく足を運んでいたタイ料理店の「ゲウチャイ」のメニューでも異彩を放っていた記憶が・・(笑)。当時はなんでピンク色のスープなのかを知らず、なかなか手が出せませんでした。

 

その後タイに住むようになり、まず夫が「イェンタフォー」にハマり、その影響で私も食べるようになったのですが、今では大好きな麺料理のひとつとなりました。

 

昼時は大混雑

今回ご紹介するイェンタフォー・コンベントはお昼時になると大盛況。みんなのお目当ては勿論こちらのイェンタフォー(40B)です。

f:id:bangkoklife:20170215171209j:plain

揚げワンタンにつみれ、厚揚げ、となかなかの具沢山で結構食べごたえがあります。こちらのイェンターフォーは甘さと酸味のバランスが個人的に◎。いやらしい甘さ、酸っぱさが無いんです(わかりづらい表現ですみません)。

 

お店の場所はBNH病院、セント・ジョセフ・コンベント という大きな学校のお向かいあたり。

f:id:bangkoklife:20170215171704j:plain

 

電車で向かう場合は最寄り駅はBTSサラデーン駅となります。シーロム通りからコンベント通りに入り、このお店に到着するまでの間には通り沿いに屋台がいっぱい。場所柄、屋台の人たちは外国人にとても慣れています。お店に行くついでに色々な屋台をトライしてみても楽しいかもしれません。

f:id:bangkoklife:20170215172432j:plain f:id:bangkoklife:20170215172520j:plain

 

2018.02.10追記 「ミシュランガイドブック・バンコク2018」掲載

イェンタフォー・コンベントが「ミシュランガイドブック・バンコク2018」に掲載されました。お店にも掲載を示す貼り紙が誇らしげに貼られています!

 

<関連記事>

  • 日本語・英語メディアではほとんど紹介されていない人気店!

デザートも美味しい!ピンク色スープのタイヌードル「イェンターフォー」の超人気店

  • スクンビットでイェンタフォーを食べるなら

【バンコク・ローカル食堂】イェンタフォー好き必見!オンヌット「Nai Ouan Yentafo」

 

お店情報

イェンタフォー・コンベント

住所:36/3 Convent Rd, Silom, Bang Rak, Bangkok

TEL:(+66)2-235-0386

営業時間:08:00〜17:30

最寄駅:サラデーン駅(BTS)駅からは徒歩7分程度です。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村