Sponsored Link




【カンボジア旅行記】シェムリアップでサーカスに感動「カンボジアサーカス・ファー」

Sponsored Link



長々と続くカンボジア旅行記にお付き合いいただきましてありがとうございます。今回のカンボジア旅行については書きたいネタがまだまだあって、実はまだ折り返し地点にも到達できていないのですが(汗)、なんとか1月中には旅行記を書き終えたいと思っています。引き続きお読み頂ければ幸いです。

さて、今回はシェムリアップで活動するサーカス団「カンボジアサーカス・ファー(Phare, The Cambodian Circus)」をご紹介したいと思います。

社会貢献に力を入れるサーカス団

カンボジアサーカス・ファーは、カンボジア西部バッタンバン州にあるNPO「ファー・ポンルー・セルパク(「芸術の光」の意)」を母体に持つサーカス団です。このNPOはカンボジア内戦の難民だった9人の青年たちが立ち上げたアートスクールからスタートした団体で、現在は同州にある芸術学校において、経済的に恵まれない若者たちを対象に音楽やアート、サーカス等を指導する活動を行っています。

今回ご紹介するファーは、芸術学校でサーカスや音楽を学んだ卒業生を団員として受け入れており、彼らがさらなるスキルを磨き、自立のための収入を継続的に得るための場所として機能しています。また、ファーの興行収益の一部は学校運営の費用に充てられているそうです。

 

 

シェムリアップでは貴重な夜のアクティビティ

シェムリアップといえば世界遺産「アンコール遺跡群」が有名ですが、遺跡観光ができるのは夕方まで。夕方以降の時間に何しよう?と悩んだときにおすすめなのが、ファーのサーカス鑑賞なんです。ファーでは1年365日休むことなく公演を行っており、時期によっては17時と20時の2回の公演を行うことも。夕食前後の時間を有効に使うことができます。

 

公演が行われている会場はアンコール・ナイトマーケット・マーケットから約1.7キロ、オールドマーケットからは約2.5キロほどと、中心地からそう遠くない場所にあります。終演後には会場の外にトゥクトゥクが多数待機していたので、公演を観た後に中心地に戻るのも苦ではありませんでした。

 

 

ファーのチケット料金

2019年1月現在、ファーの公演チケットの料金は以下の通り。3種類の座席カテゴリーがあります。各セクションの座席位置や特典などは下記の公式サイトで詳しく解説されていますので、確認してみてくださいね。

https://pharecircus.org/tickets/details/59800/siem-reap-phare-the-cambodian-circus-show-tickets/

  • 指定席(セクションA)38USドル(大人)・18USドル(5~11歳)・4歳以下は無料(座席無し)
  • 優先自由席(セクションB)28USドル(大人)・15USドル(5~11歳)・4歳以下は無料(座席無し)
  • 自由席(セクションC)18USドル(大人)・10USドル(5~11歳)・4歳以下は無料(座席無し)

 

ファーの公演は非常に人気があり、満席になることも少なくないそうなので、観に行かれる場合はチケットを事前におさえておくことをおすすめします。チケットは上記の公式サイト、Trip Advisor上で購入可能です。

 

 

エネルギッシュなステージに感動

ファーの公演には派手な舞台装置や調教された動物は一切出てきません。カンボジアの歴史や文化、人にまつわるストーリーを、楽器の生演奏とダンス、アクロバティックなサーカス技で表現していくのがファーのサーカスの特徴なんです。

 

演目は複数あるそうなのですが、私が今回観た「KHMER METAL」という演目は現代のプノンペンを舞台に、ロックバーに集まる若者たちの人間模様をコミカルに描いたお話でした。セリフはクメール語ですが舞台脇のスクリーンに英語・日本語の字幕が表示されましたし、表情や身体の動きで感情を表現する演技も多くみられたので、外国人でも問題なくストーリーについていくことができましたよ。笑えるシーンが多い演目だったので、一緒に観た小学生の息子も楽しめたようでした。

 

公演は小さな円形テント内で行われるため、大きい会場とは違い、観客席からは出演者の表情をしっかり確認することができます。大技を決める前などは出演者の緊張感がこちらにもじわじわと伝わってくるんですよね。また、周りでサポートする団員たちの表情からは「仲間の演技を絶対成功させてやる!」という強い意志が読み取れましたし、大技が成功したときに交わされるハイタッチからも団員同士の強い絆が感じられ、思わずグッときてしまったのでした。

公演がすすむにつれ、最初は静かに観ていた観客たちもどんどん盛り上がっていきます。後半になると、観客と舞台が一体化した熱気に包まれ、会場は大盛り上がり。私も夢中になり過ぎて、途中からは写真撮影するのをすっかり忘れてしまったほど・・。小さな会場だからこその一体感で盛り上がれるのも、このサーカスの大きな魅力だと思います。

 

 

お店情報

カンボジアサーカス・ファー(Phare, The Cambodian Circus)

http://pharecircus.org/

https://www.facebook.com/PhareCircus/

住所: Phare Circus Ring Road, south of the intersection with Sok San Road, Siem Reap, Cambodia

TEL:(+855)15-499-480

営業時間:20時より毎日公演(時期によっては17時からの追加公演も有)

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村