Sponsored Link



【バンコク・餃子】ビールがすすむ!オンヌット「和生(わせい)」の羽根つき餃子【移転】

Sponsored Link



記事公開:2019年04月23日 記事更新:2022年08月23日

※和生は当記事で紹介した場所から移転しました。「店舗情報」欄を更新しました。

 

アツアツの餃子をほおばりながら飲むビールは格別ですよね。そんな最高の組み合わせをリーズナブルに楽しめる場所がオンヌットにあると友人から聞き、先日初めて足を運んでみました。オンヌット駅前にある、餃子が楽しめる店「和生(わせい)」をご紹介します。

屋台街でひっそりと営業する日本食店

和生はBTSオンヌット駅1番出口そば、スクンビット通り沿いにある屋台街「The Conner 79(ザ・コーナー79)」内で営業する小さな日本食店です。

 

The Conner 79はタイ料理を中心に小さな屋台がたくさん集まった場所なのですが、和生は屋台街入り口から右手奥に進んだ場所で営業しています。屋台街の入り口からは店の様子が全く見えないため、この場所に日本食を出す店があるだなんてこれまで全く気づきませんでした。

提灯に書かれた「餃子」の文字が店の目印

 

 

リーズナブルに日本食が楽しめる

オーナーご夫婦の奥様は日本人ということで、メニューには日本人におなじみの居酒屋メニューがずらりと掲載されています。が、屋台ということで料理の価格は驚くほどリーズナブルなんです。セットメニューでも150バーツ~と良心的です。

 

メニューを見て上写真のチゲにものすごく心惹かれたのですが、今回は餃子を食べないと!ということで、当初の予定通り餃子を注文。餃子の価格も6個60バーツ~とこれまた良心的でした。

 

 

真夏にアツアツの餃子も悪くない

別の店(THE CORNER 79)からビールを注文し、冷たいビールを飲みながら餃子の出来上がりを待ちます。

THE CORNER 79のドリンクメニュー。会計は各屋台ごとにキャッシュオンデリバリー式のようです。

 

 

待つこと10分ほどで餃子第1弾が到着(20個注文しましたが時間差有りで10個ずつ運ばれてきました)!焼き色が良い感じです。

こちらの餃子はニンニクが効いていて野菜たっぷりなのが特徴なのかな?と。プロの味というよりは家庭的な味わいの餃子なので好みが分かれるところだと思いますが、20個200バーツという価格を考えたら十分美味しい餃子だと私は思いましたよ。

 

餃子は持ち帰りもできるようですが、ここの餃子はお店でアツアツを頂くほうが間違いなく美味しいと思います。この日は休日だったのでオープン直後にお店に伺ったのですが、明るいうちから楽しむビールと餃子の美味しいことといったら!屋台村のお酒の価格もそう高くないですし、餃子をつまみながら一杯飲むには良い場所だと思います。他の料理も気になるところなので、日をあらためて再訪してみようと思います。

 

実はここの屋台村自体へも初めて足を踏み入れたのですが、ゆる~い雰囲気で居心地がなかなか良かったです。扇風機の近くの席に座れば、心配していた暑さもそこまで気になりませんでしたし。暑いなかでアツアツの餃子を食べるのも悪くないなと思いました(笑)。

 

 

店舗情報

和生(わせい) ※移転後

https://www.facebook.com/Gyoza.WASEI/

住所: 171 Sukhumvit Rd, Phra Khanong Nuea, Watthana, Bangkok

TEL:(+66)83-066-7421

営業時間:16:00〜23:30 ※火曜定休

アクセス:オンヌット駅(BTS)徒歩7分

 

ブログランキングに参加しています。
応援クリックよろしくお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 旅行グルメへ
にほんブログ村