Sponsored Link




【チャチュンサオ・タイ料理】ピンクガネーシャ近くの麺食堂「サンピーノーン クワイティアオムーボラン」

Sponsored Link



願い事が高速で叶うといわれるチャチュンサオの巨大ピンクガネーシャ像。昨今はタイ人だけでなく、外国人のあいだでも知られた存在となりつつあります。

ピンクガネーシャ像がある寺院「ワット・サマーン・ラッタナーラーム(以下、ワット・サマーン)」はバンコクから車で片道1時間半くらいの場所にあるので、サクッと参拝だけして帰ってくるのもありなのですが、参拝ついでに近隣で食事も済ませたいという場合もあると思います。今回はそんな時におすすめなローカル麺食堂を紹介します。

 

Google Mapレビューで高評価が集まる麺食堂

チャチュンサオのワット・サマーン周辺には小さなローカル食堂が点在しているのですが、どの店が美味しいのかは店の外観を見ただけだとなかなか判断がつかないですよね。そんな時に役立つのがGoogle Mapのレビューです。今回紹介する麺食堂「サンピーノーン クワイティアオムーボラン」も参拝する日の朝にGoogle Mapで見つけました。

 

食堂はワット・サマーンから約5キロ、車だと10分ほどの場所にあります。私たちは今回、参拝後に立ち寄ったのですが、バンコクに帰る道途中に店があったので便利でした。

 

メニューは写真つきのものが用意されていて親切です。私は店のおすすめメニューだという汁なしトムヤム麺を注文してみました。

 

待つこと数分。具材がたっぷり載った、豪華なトムヤム麺が運ばれてきました。

 

ついてきたスープもボリューム満点。写真だと分かりづらいのですが、大きな丼ぶりに入ってきました。これで55バーツっていうんだから驚きです。

スープは若干甘め。私の好みの味ではありませんでしたが、汁なしトムヤム麺は美味しくて、ワット・サマーンを訪れる際はまた立ち寄りたいなって思える一杯でした。

 

滞在時間に余裕がある場合は、百年市場や以下記事で紹介したレストラン等でゆっくり食事をとるのがおすすめですが、往復の道中でサクッと食事したいという時には便利な麺食堂だと思います。

 

 

店舗情報

サンピーノーン クワイティアオムーボラン(สามพี่น้อง ก๋วยเตี๋ยวหมูโบราณ)

Facebookページ

住所: Bang Phai, Mueang Chachoengsao District, Chachoengsao

TEL:(+66)84-125-4427

営業時間:09:30~21:00(日~金)09:30~17:00(土)

アクセス:ワット サマーン ラタナーラーム(ピンクガネーシャ)から車で5分ほど

駐車場:あり

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村