Sponsored Link




【バンコク発日帰りも可】フルーツ食べ放題の「スパトラーランド(Suphattra Land)」が最高

Sponsored Link



記事公開:2017年04月22日 記事更新:2019年05月12日

※記事公開時から入場料金が変更になりました。2019年5月時点の最新情報に更新しています。

 

先日、チャンタブリー旅行に行った際、途中で果樹園「スパトラーランド(Suphattra Land)」に立ち寄ってみました。採れたての新鮮フルーツをお腹いっぱい食べることができるこちらの果樹園、バンコクから日帰りも可能な場所なので、週末のプチトリップにもおすすめですよ~。

f:id:bangkoklife:20170422082353j:plain

フルーツ畑を見学&試食を楽しめる施設

スパトラーランドはタイ中部・ラヨーン県にある果樹園。

http://www.suphattraland.com/

この果樹園では東京ドーム約27個分もの広大な土地を使ってゴムとフルーツを栽培しており、来場者はフルーツ栽培の様子を見学した後、ここで栽培されている新鮮なフルーツを思う存分食べることができるんです。フルーツ好きなら楽しめること間違いなしな施設だと思いませんか?

 

バンコクから果樹園までは車で2時間半はかかるかな~?と予想していたのですが、今回ソンクラン中で道が空いていたこともあり、バンコク・シーロムの自宅からちょうど2時間で現地に到着することができました。

f:id:bangkoklife:20170422082933j:plain

 

まずは下写真のチケット売り場で入場チケットを購入します。

f:id:bangkoklife:20170422083254j:plain

ちなみにこちらの施設では入場料がいくらなのかが売り場にも施設Webサイトにも記載されていません・・。タイの観光施設ではよくあることですが、こちらの施設でもタイ人・外国人の価格に若干差があり、外国人の場合は大人550B、子ども275B(身長90~120cm・身長90cm以下は無料)が2019年5月時点の入場料金ということです(※2019/05/12更新)。

 

なお、Google Mapに投稿されているレビューによれば、タクシードライバーを先に窓口に行かせるとその分上乗せされた料金のチケットを買わされますよ~、なんていう注意喚起のクチコミが掲載されていました。上記記載の金額が正規料金となりますので、タクシーで行かれる方はご注意くださいね。

 

 

トラムで園内を見学

チケットを購入したら、園入口で振る舞われるココナッツジュースを飲みながら見学用のトラムの到着を待ちます。このジュース、実にフレッシュで美味しかったんですよね~。ココナッツジュースがこんなに美味しいなら!と、他のフルーツについても期待が高まります!

f:id:bangkoklife:20170422084848j:plain

 

ココナッツジュースを飲みつつしばらく待っているとトラムがやってきます。トラムに乗り込んで園内見学にいざ出発です!

f:id:bangkoklife:20170422084940j:plain

このツアーではドライバーさんが運転しつつ、園内の果物についてタイ語で説明してくれます。私たちが乗ったトラムのドライバーさんはかなり陽気な方で、時折ギャグを織り交ぜた説明が面白くてラッキーでした。周りのタイ人の皆さんもいちいち「オッホ~ィ」という良いリアクションを返すので、終始楽しい雰囲気で見学することができましたよ。

 

なお、トラムの走行スピードが意外と速く、栽培されているフルーツの写真を撮ろうにもブレてしまい、あまり上手くいかなかったのが少々残念でしたね(笑)。トラムでの果樹園見学は前半・後半の2部構成となっているのですが、どちらも時間はそれほどかけず、比較的あっさりした見学という印象。暑い時期なので、さくっとの見学で逆に助かりましたけどね。

f:id:bangkoklife:20170422085732j:plain

実は我が家の息子、最初は「暑いから嫌だ~」と果樹園見学に乗り気ではなかったのですが、実際に見学してみると、とても楽しめたようです。普段食べているフルーツがどのように栽培されているのか?果実がどんな風につくのかを見る機会ってほとんど無いですもんね。子どもにとっては非常に新鮮な体験になったようでした。

 

 

いよいよフルーツ食べ放題タイムへ

前半の果樹園見学を終了すると、いよいよフルーツ食べ放題の時間です!トラムのドライバーさんの指示に従い、まずは他のフルーツコーナーとは隔離された場所にあるドリアンコーナーへ。

f:id:bangkoklife:20170422090015j:plain

ソンクラン中だったこともあってか園内は比較的空いていた印象だったのですが、ここだけはやたらと人が集まっていました。しかも中国系の方ばかり。彼らにはドリアンがやはり人気なのですね。

 

列に並び、順番がやってくるとお兄さんが剥きたてのドリアンを手渡してくれるのですが、1人に1房渡してくれるという大盤振る舞い。

f:id:bangkoklife:20170422090911j:plain

で、このドリアンなんですが、全く臭くなかったんです。採ってから24時間経っていないドリアンはあの独特の発酵臭が無いものらしく、フレッシュで美味しいのにびっくり。ドリアンってこんなに美味しいものなんだー!と驚きました。

 

ドリアンを満喫した後は他のフルーツが並ぶフルーツコーナーへ移動してくださ~いと言われ、ぞろぞろと移動。

f:id:bangkoklife:20170422092034j:plain

 

このフルーツコーナーでの食べ放題には時間制限が無いそうで、好きなだけフルーツを食べてOKとのこと。フルーツ好きな人には天国でですね。

f:id:bangkoklife:20170422092119j:plain

 

 

果樹園見学後編&ソムタム試食

フルーツでお腹いっぱいになった後は、再びトラムに乗車して後半の果樹園見学へ向かいます。後半は公道を渡った反対側にある別の敷地で見学。こちらではフルーツだけでなく、野菜の水耕栽培も見せてもらい、その後トラムはソムタムコーナーへ。

 

えっ?さっきお腹いっぱいフルーツ食べたばっかりじゃない?という感じですが・・ここでもなんとお食事タイムが待っているんですよね~(笑)。

f:id:bangkoklife:20170422092829j:plain

こちらのソムタムコーナーではソムタムとサラダが無料で配布されます。そのほか、カオニャオ、ムーピン(豚串焼き)、ソーセージなんかも販売されていて、他で昼食を食べる予定だった私たちも流れに任せてここでしっかり昼食を食べることに。ちなみに販売メニューはすべて10B均一の価格設定で良心的でしたよ。

 

f:id:bangkoklife:20170422093200j:plain

ソムタム、なかなか美味しかったです

 

最後は再びトラムに乗車。蜂蜜のお土産コーナーをさくっと経由後、最初にチケットを購入した場所に帰還して見学ツアーは終了です。

f:id:bangkoklife:20170422093357j:plain

 

なんだか食べてばかりだったな~という果樹園見学でしたが楽しかったですよ(笑)。時期的に果樹園見学が暑いんだろうな~と覚悟していたのですが、果樹園の中は風がよく通り、暑さは意外と気にならなかったのも◎。施設のWebサイトによれば、4~6月は収穫される果物が豊富だそうなので、私たちはベストシーズンに行くことができたのかな?と思います。

f:id:bangkoklife:20170422094044j:plain

 

なお、私たちは個人で行きましたが、日系の旅行会社さんでもこちらへ行く日帰りツアーを頻繁に企画・開催されているようです。近い日にちでは4/30(日)5/5(金)に開催の予定があるようなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。Wendyツアーさんの以下のツアーでは果樹園のほかにコ・クローイ市場にも連れて行ってもらえるようですよ。

Wendyツアーさんのツアー情報

http://thailand.wendytour.com/tour/532_SP14-Sp.html

 

 

スポット情報

スパトラーランド(Suphattra Land)

Suphattraland Rayong(Facebook)

70 Moo 10,Nong Lalok subdistrict, Ban Khai, Rayong

TEL:(+66)86-792-4312

営業時間:08:00~17:00

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村