Sponsored Link




【バンコク・カフェ】京都のコーヒーショップ「Kurasu(クラス)」がバンコクにオープン

Sponsored Link



京都のスペシャルティカフェ「Kurasu Kyoto」が、2017年7月にオープンしたシンガポール店に続く海外2店舗目として、バンコクに「Kurasu Bangkok(クラス バンコク)」をオープンしました。


ミニマルで無機質な空間が魅力

Kurasu Bangkokは2019年8月24日、スクンビット・ソイ26の商業施設「Bambini Villa(バンビーニヴィラ)」1階にオープンしました。

https://www.facebook.com/kurasubkk/

 

施設エントランスを入り、すぐ左手にある全面ガラス張りの開放的な店がKurasu Bangkokです。ファミリー向けモールと謳われているBambini Villaのテナントのなかでは、ここだけ異色の店舗という印象。

 

店内はというと、落ち着いたトーンのインテリアでシックにまとめられています。ミニマルかつスタイリッシュな空間は、女性よりも男性受けしそう。

 

店内の一角には日本製のコーヒーグッズの販売コーナーもありました。カフェで使用されているカップやマグを購入することもできますよ~。

 

 

個性豊かなコーヒーを提供

Kurasu Bangkokではこだわりのスペシャルティコーヒーのほか、チョコレートドリンク、ほうじ茶や抹茶を使ったドリンクを提供しています。ありがたいことに、ドリンクメニュー全てに日本語が併記されていました。

 

また、ハンドドリップコーヒーのメニューにはフレーバーガイドも掲載されていて、私のようなコーヒー素人が見てもわかりやすかったです。接客してくれたスタッフさんはコーヒーに関する質問に丁寧に答えてくれましたし、日本のコーヒーショップに来ているかのような至れり尽くせりの対応でしたね。

 

せっかくなのでコーヒーを頂きましょうということで、この日は以下の2品を注文しました。

シングルオリジン水出しコーヒー130バーツ

エチオピア クオレケルー #6 160バーツ

自宅でリラックスして飲むコーヒーも美味しいですけど、外で個性豊かなコーヒーをたまに飲むのも良いものだなあとしみじみ。世界各国から選りすぐったコーヒーを楽しめる店ということで、行くたびに新しい発見が出来そうですしね。

Kurasu Kyotoについて詳しくは

https://jp.kurasu.kyoto/

 

 

美味しい小倉トーストも楽しめる

Kurasu Bangkokでは種類は少ないですが、コーヒーに合うフードメニューも提供されています。下写真のようなクッキーにペイストリー。

 

それからトーストが3種類ありました。

 

今回、バタートースト(120バーツ)と小倉トースト(150バーツ)を注文してみたのですが、小倉トーストが特に気に入りました。こんがり焼いた厚切りパンにバターの塩気とあずきの甘さ、、、って最高過ぎる組み合わせですよね~。すぐにでもまた食べに行きたいです。

 

以上、Bambini Villa1階にオープンしたカフェ、Kurasu Bangkokについてご紹介しました。日本のコーヒー文化を伝える店がタイに来たというと、ついつい応援したくなってしまう私。美味しいコーヒーと小倉トーストを求めて、これからもちょくちょく足を運んでみようと思っています。

 

あわせて読みたい

こだわりのコーヒーショップならこちらもおすすめ!

【バンコク・カフェ】プラカノン「シングルレーン スペシャルティ コーヒー(Single Lane Specialty Coffee)」

 

 

店舗情報

Kurasu Bangkok(クラス バンコク)

https://www.facebook.com/kurasubkk/

住所:A104 Bambini Villa 18, 1 Soi Athakravi, Khlong Toei, Bangkok

営業時間:8:00~18:00

アクセス:プロンポン駅(BTS)から車で約5分

駐車場:あり

 

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村