Sponsored Link



【バンコク・カフェ】チェンマイ発のお茶専門店「モンスーン ティー(Monsoon Tea)」

Sponsored Link



記事公開:2019年03月29日 記事更新:2021年01月06日

※当記事で紹介したプンナウィティ店が2021年1月に閉店したため、店舗情報を別店舗の情報に差し替えました。

 

近年コーヒーブームに沸くタイでは北タイ産のコーヒー豆が広く知られるようになってきましたが、北タイ産の茶葉の存在も徐々に注目を集めています。

そんなわけで、今日明日は北タイ産のお茶を扱う専門店「モンスーン ティー(Monsoon Tea)」にまつわる話題を連続でお送りします。初回の今回は、プンナウィティに先日オープンしたモンスーン ティーのショップ&カフェを紹介します。

 

新商業施設・101 The Third Place内にオープン

モンスーン ティーがオープンしたのは、BTSプンナウィティ駅から徒歩5分ほどの場所にオープンした商業施設「101 The Third Place(ワンオーワン・ザ・サードプレイス)」の2階。

 

こちらではオリジナル茶葉の販売に加え、カフェスペースも設置。比較的リーズナブルな価格で、モンスーン ティー自慢のお茶を楽しむことができます(ホットティー90バーツ~、アイスティー100バーツ~)。

モンスーン ティー・バンコク店のドリンクメニュー

 

あわせて読みたい
  • 101 The Third Placeへのアクセス方法・詳細は以下の記事をご覧ください。

【バンコク・商業施設】プンナウィティ「101 The Third Place(ワンオーワン・ザ・サードプレイス)」

  • 101 The Third Place内には他にもチェンマイ発のお店があります!

【バンコク・タイ料理】チェンマイ発「ジンジャー ファーム キッチン(Ginger Farm Kitchen)」

 

 

タイの森から生まれたお茶

モンスーン ティーの茶葉の最大の特徴は伝統的かつ持続可能な方法を使用して栽培されている点

お茶を生産するとなると通常は森林を伐採し、茶畑を開くことになるわけですが、モンスーン ティーではその方法は採らず、地元の人たちが古くから続けてきたお茶の栽培方法に着目。森の中で自生している茶の木、もしくは地元の人たちが森の中で育ててきた茶の木に対し、人間の関与を最小限に留める方法で栽培・収穫を行っているのだそうです。当然、除草剤や農薬は一切使用していません。

 

 

深い味わいと豊かな香り

今回ご紹介するバンコクの店舗ではモンスーン ティーの茶葉のフルラインナップが揃っています。店頭で複数の茶葉の香りを嗅がせていただいたのですが、茶葉そのものの香りの良さに加え、フルーツ、花、スパイスのユニークな香りを楽しめるものが多く、どれも「飲んでみたい!」と思わされるものばかりでした。

 

ちなみに、ブレンドのネーミングも「チャオプラヤーブレンド」「ピンリバーブレンド(チェンマイを南北に流れる川の名前)」など非常にユニークで、日本へのお土産やギフトにも良さそうです。「スクンビットブレンド」というものもありましたよ~。

 

せっかくなのでカフェスペースでお茶を頂いていくことにした私。お店の方に好みを伝え、おすすめして頂いた「Lychee White」をアイスで注文してみました(SMALL130バーツ・LARGE160バーツ、写真はLARGE)。

 

お茶をグラスに注ぐとライチの甘い香りがふわーっと立ち上がり、幸せな気分に。淡い色合いも美しいです。

香りから受けた印象で甘味が強めなのかな?と思いきや、非常にすっきりとした飲み口で飲みやすいお茶でした。ほのかな甘さが口のなかに余韻として残りますが、上品な甘さなんですよね~。とても美味しいお茶でした。

 

 

エムクオーティエ「Another Story」にも出店中

今回ご紹介したプンナウィティの店は混雑しておらず、接客もじっくりしてもらえるということでおすすめなのですが、プンナウィティはちょっと遠いな~と思われた方へ朗報です。

 

現在、エムクオーティエ4階にあるセレクトショップ「Another Story」内にもモンスーン ティーのポップアップショップがオープンしています。小規模なショップではありますが各茶葉の試飲もできるようなので、興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

以上、チェンマイ発のお茶専門店「モンスーン ティー」について紹介しました。次に公開する記事ではオンヌットエリアでモンスーン ティーのお茶を楽しめるカフェ「Arttitude Gallery & Tea House」を取り上げます。こちらもよかったらチェックしてみてください。

 

 

2021/1/6追記 プンナウィティ店が閉店

2021年1月現在、バンコクでは前述のAnother Story内にあるショップ、当記事公開後にオープンしたアソーク店で茶葉を購入可能です。以下「店舗情報」を現存の2店舗の情報に変更しました。

 

 

店舗情報

モンスーン ティー(Monsoon Tea)

https://www.facebook.com/monsoonteacompany/

①アソーク店

住所:116, 18 Soi Sukhumvit 23, Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok(Google Map

TEL:(+66)82-259-5599

営業時間:10:00~18:00

アクセス:アソーク駅(BTS)から徒歩12分

 

②Another Story店

住所:エムクオーティエ4階 693 695 Sukhumvit Rd, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok(Google Map

営業時間:11:00~20:00

アクセス:プロンポン駅(BTS)から徒歩5分

 

 

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村