Sponsored Link




【バンコク・屋台】自家製生パスタをリーズナブルに楽しめる!オンヌット「Piggy Pasta(ピギーパスタ)」

Sponsored Link



記事公開:2019年08月29日 記事更新:2019年09月15日

※記事公開時から営業時間が変更になりました。2019年9月15日時点の情報に更新済です。

 

自家製生パスタをリーズナブルに楽しむことができる店をオンヌットで見つけました!今回ご紹介する「ピギーパスタ(Piggy Pasta)」では、食感モチモチの手作りパスタを100バーツ台で楽しめてしまうんです。

 

HABITOのフードコートスペースで営業

Piggy Pastaは、コミュニティモール「HABITO」1階のフードコートエリアで営業するパスタ専門店です。

お手頃価格の飲食店が数軒集まるフードコート「BITO YARD」

 

店がオープンしたのは2019年6月末と比較的最近です。タイトルに「屋台」と書いてしまったのですが、屋台ではないかな?、コンテナショップと言ったほうがよいかもしれません。笑顔の素敵なタイ人女性が1人で切り盛りされています。

 

Piggy Pastaのメニューはこちら(見えづらくてすみません)。麺はスパゲティかフェットチーネのいずれか、味つけ(ソース)はスパイシー・タイ・ガーリック、カルボナーラ、クラシック・トマトソースのいずれかを選ぶことができ、あとは具材によって価格が変わる、、、という感じですね。一番リーズナブルなものは120バーツからとなっています。

 

 

おすすめはタイ風スパイシーパスタ

これまでPiggy Pastaのパスタを何度か食べてみたのですが、私はスパイシー・タイ・ガーリック味を一番気に入っています。ニンニクたっぷりなうえにガツーンと辛いので万人受けするものではないと思いますが、タイ風の辛いパスタが好きな方にはおすすめです。

 

手づくりならではのモチモチの食感を味わえる麺も◎。タイではイタリア料理店以外でパスタを食べると茹で過ぎ~!なんてことも少なくないのですが、ここは麺の茹で加減もちょうど良い感じです。もちろん、味はイタリア料理店で食べるのと同じです!とまではいえませんが、店構えや価格を考えたら十分おすすめできるパスタ店だと思います。

 

また、店で食べる場合は下写真のような感じでサーブしてもらえます。極力プラスチックを使わないようにされているのか、ストローも紙製のものを使われていて、こういうところにも好感が持てます。

ベーコン入りカルボナーラ カルボナーラはソース少なめなので好みが分かれるかも?

 

そんなわけで、安いし美味しい上に、店のオーナーさんもフレンドリーで言うことなしな店です。駅からの距離がちょっとありますが、BTSオンヌット駅前(屋台街「The Conner 79」前&Tesco Lotus前の2か所)から出ているHABITO行きの無料バスを使うと楽にアクセスできるかと。手作りパスタに興味のある方はぜひ足を運んでみてくださいね。

 

また、価格は店頭価格よりも少し高くなるようですが「GET」を介したデリバリーも可能だそうです。

 

 

店舗情報

Piggy Pasta(ピギーパスタ)

https://www.facebook.com/piggypasta

住所: Habito Mall 1階, Onnut 1/1 (Soi Sukhumvit 77)

TEL:(+66)83-092-5589

営業時間:11:30~20:30(月~金)12:30~20:30(日) ※土曜定休

アクセス:オンヌット駅(BTS)から車で約5分、もしくはプラカノン駅(BTS)から車で約5分

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村