Sponsored Link



【バンコク・フードコート】手頃な価格が魅力!トンローに便利なフードコート「Saphan 55(サパーン55)」が誕生

Sponsored Link



記事公開:2019年12月12日 記事更新:2019年12月25日

※Saphan 55 1階で営業するハンバーガー店「STAX Burger(スタックスバーガー)」の記事を公開。当記事にも情報を追加しました。

 

バンコクの主要道路から屋台を撤去する動きが進められた結果、屋台の数が激減したトンロー通り。そんなトンロー通りにタイのストリートフードを集めたフードコート「Saphan 55(サパーン55)」が登場し、話題を集めています。

 

Saphan 55のロケーション

Saphan 55がオープンしたのはトンロー通りの奥、トンローバス(通称 赤バス)の終点近く。

 

 

倉庫風の個性溢れる建物外観が目印です。

 

 

タイ料理をリーズナブルな価格で提供

こちらの施設1階にはタイ料理店を中心に小規模飲食店が複数出店。フードコートや屋台村のような感覚で、さまざまなストリートフードを食べ比べることができるようになっています。

 

この素晴らしい施設をオープンさせたのはHOBsBeers & CidersのオーナーであるChris Foo氏。トンロー通りから屋台が減り、ランチの場所に困っていた自社社員のための食事場所を作ろうとしていたところ、賛同者が現れ、結果このようなフードコートスタイルの施設になったのだとか。そのような経緯もあり、各テナントの料理の価格が屋台並みに抑えられているのがこの施設の一番の特徴です。

 

もちろん、この場所はChris氏の会社の社員以外も自由に利用することができます。トンローとは思えない良心的な価格で食事ができるとあって、オープンして間もないにもかかわらず、周辺で働くオフィスワーカーを中心に幅広い層に支持されているようです。

 

私も実際に食事をしてみたのですが、トンローという立地や環境、一品一品のボリュームを考慮すると、割安感さえ感じました。この近くで働いていたら間違いなく頻繁に通うだろうなって思います。

カオカームー60バーツ

ガパオライス55バーツ

 

ちなみに現段階では、各テナントに無料で出店スペースを貸していることからこのような低価格が実現しているそうで(テナントは水道代金・電気代のみ負担)、これも一種のタンブン(喜捨)なんでしょうね。タイならではの施設だなって思います。

 

 

可愛らしい内装にも要注目

Saphan 55を訪れたら、もう一点注目したいのが可愛らしい内装です。施設内にはいたるところにレトロなデコレーションが施されていて、カメラを思わず向けたくなる場所が多数。

 

タイ料理店「Baan Saphan」が営業している2階もすごく雰囲気が良いです。レトロな雰囲気が好きな方には心ときめく場所だと思いますよ。

 

以上、トンローにオープンしたフードコート「Saphan 55」についてお送りしました。現段階はソフトオープン中といった感じですが、今後テナントが増えることでますます盛り上がっていくんじゃないかな?と個人的には期待しています。年明けには過去に当ブログで紹介した「KIN by Eats Payao」の支店もオープンします。こちらも楽しみです。

 

 

 

2019/12/25追記 「STAX Burger」の記事を公開

Saphan 55 1階で営業するハンバーガー店「STAX Burger(スタックスバーガー)」の記事を本日公開しています。安くて美味しいハンバーガー店なので、こちらの記事も是非チェックしてみてくださいね。

 

 

店舗情報

Saphan 55(サパーン55)

https://www.saphan55.com/

https://www.facebook.com/saphan55/

住所:59 Sukhumvit Alley, Khlong Toei Nuea, Watthana, Bangkok

TEL:(+66)98-982-2255

営業時間:11:00~24:00(日曜定休)※1階の店舗は20:00前後に閉店することが多いようです

アクセス:トンロー駅(BTS)から車で約5分

駐車場:あり

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村