Sponsored Link




【バンコク・カフェ】チョコレート専門店&カフェ「サーラット・エヌ・ショコラティエ(Sarath N. Chocolatier)」

Sponsored Link



記事公開:2019年02月02日 記事更新:2019年09月08日

※記事公開時から営業時間が変更になりました。2019年9月時点の情報に更新済です。

 

先日記事公開した「ガートココア(Kad Kokoa)」に引き続き、本日もタイ産カカオ豆を使ったチョコレート専門店ネタをお送りします。BTSサパーンクワイ駅から徒歩7分ほどの場所にある「Sarath N. Chocolatier(サーラット・エヌ・ショコラティエ)」をご紹介します。

シングルオリジンにこだわったチョコレート作り

Sarath N. Chocolatierは2018年10月にオープンしたばかりのチョコレート専門店。店名の「Sarath N. 」は、マスターショコラティエ・Sarath Nimlamai氏自身の名前をそのまま冠しています。

 

Sarath N. Chocolatierは客席十数席の小規模な店なのですが、カカオ豆の焙煎・粉砕から製品化までの全ての製造工程を自店で手掛け、シングルオリジン(単一産地のカカオ豆)にこだわったチョコレート作りを行っています。カカオ豆はタイ中部のチャンタブリー県やプラチュワップキーリーカン県から仕入れているそうですよ。

 

 

目にも舌にも麗しいチョコレート

店内のショーケースには、宝石のように美しいボンボン・ショコラ(1個60バーツ)や自慢のチョコレートを使ったケーキ類がずらり。

 

1月後半にもかかわらず、クリスマスツリーを模ったケーキが販売されていたのはご愛敬ですが(笑)、眺めているだけで気分が楽しくなってくるような商品ばかりが販売されています。

 

なお、チョコレートのラインナップについては下記ページでも確認することができますので、ご興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

http://www.sarathnchocolatier.com/CHOCOLATE/5af263143ca537fa35040404

 

 

絶品のトリュフ・アフォガート

Sarath N. Chocolatierのメニューのなかでタイ人女性に特に人気を集めているのが、写真のTruffle affogato(165バーツ)。トリュフチョコレートとバニラアイスに、熱々のエスプレッソをかけていただくというもの。これが絶品なんです。

 

ほろ苦いエスプレッソとダークチョコレートトリュフに、スッキリした味わいのバニラアイスの組み合わせがたまりません。アイスクリームはタイでよくある甘々タイプではなく、甘さ控えめ。まさに大人のためのデザートという感じです。

 

店はBTSアーリー駅とサパーンクワイ駅の中間地点にあり、アクセスはあまり良くありませんが、チョコレート好きな方ならわざわざ足を運ぶ価値がある店だと私は思います。ご興味のある方は是非チェックしてみてくださいね。

 

 

お店情報

サーラット・エヌ・ショコラティエ(Sarath N. Chocolatier)

http://www.sarathnchocolatier.com/

住所: 19 Sutthisan Winitchai Rd, Samsen Nai, Phaya Thai, Bangkok

TEL:(+66)94-962-9898

営業時間:10:00〜19:00

駐車場:なし

アクセス:サパーンクワイ駅(BTS)から徒歩約7分・アーリー駅(BTS)から徒歩約15分

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村