Sponsored Link




【バンコク・タイ料理】バンコク・アート&カルチャー・センター(BACC)内のバミー店「アーティストハウス」

Sponsored Link



バンコクを代表する現代美術館のひとつ、「バンコク・アート&カルチャー・センター(BACC)」。BTSナショナルスタジアム駅やBTSサイアム駅からほど近い場所にあるため、ショッピングや観光の合間に立ち寄ったことがある方も少なくないと思います。

私もサイアム方面に行く際によく立ち寄る場所なのですが、館内に手頃な価格のバミー店「アーティストハウス(Artisthouse)」があることを最近になって知り、先日展示を観に行ったついでに立ち寄ってみました。

ボリュームたっぷりのバミー

アーティストハウスはバンコク・アート&カルチャー・センター2階で営業する小さな麺食堂。

 

この店の存在を知ったのはバンコクにある日系美容室「Balcony」さんの下記ブログ記事がきっかけだったのですが、私、記事を読むまでこの場所にバミー店があることに全く気がついていませんでした。何度も足を運んでいる場所なのに、雑貨店か何かだと思い込んでいたんですよね・・。

【Bangkok Art and Culture Centre】絶対に美味しいバミー!!

 

アーティストハウスで提供されているメニューは4種類のみという潔さ。注文は自分で注文用紙に記入する方式です。

4種類のメニューにはRegular(普通)とJumbo(大盛り)の2種類のサイズが用意されています。また、価格の右隣に書かれている” น้ำ ”はスープ有り、” แห่ง ”はスープ無しを示しています。ドリンクは入り口右手の冷蔵ケースからセルフで取ってOKです。

 

 

今回、ワンタンと豚肉入りのバミー・ナーム(スープ有り)・大盛りを注文してみたのですが、ご覧ください、このボリューム。豚肉も麺の量もたっぷりなうえ、大きなワンタンが2つ入っていました。これで65バーツ。

肝心の味はというと、スープはかなりのあっさり系でした。イマイチ物足りないかな?というのが一口目の印象でしたが、おそらく多くの日本人にはウケる味なんじゃないかな?とも感じました。タイの麺料理を食べるのが初めてという方にもきっと抵抗なく受け入れてもらえそうな味かな~という印象。もちろん、味が薄い分は自分で調味すればOKな話ので、私も美味しく頂きましたよ。

 

ローカル食堂で麺料理を食べると、量的に物足りなさを感じることが少なくないのですが、こちらのバミーは1杯でお腹いっぱいになりました。店内には学生さん風の若いお客さんがいっぱい。安くて美味しい、そしてボリュームもたっぷりということで、タイ人の若者からも支持されている店のようです。

 

 

陶器や雑貨も販売

アーティストハウスの店内では陶器やポストカードなども販売されています。これらの商品は、トンブリーエリアにある観光スポット「The Artist’s House(別名・バーン・シンラピン)」で販売されているのと同じ商品なのだそう(お店の人の話ではここは系列の店ということでした)。

 

The Artist’s Houseはチャオプラヤー川の支流、バーン・ルアン運河沿いに作られた水上コミュニティ内にある芸術系施設なのですが、ここもすごくおすすめしたい場所なんですよね~。運河沿いに広がるレトロな街並みも必見ですし、The Artist’s Houseで行われているタイの伝統人形劇(なんと無料!)も面白いんです。

 

The Artist’s Houseについては姉妹ブログの下記記事で詳しくご紹介していますので、ご興味のある方はぜひご覧くださいね。バンコク在住者が日帰りで近場のどこか遊びに行きたいな~という時に、ちょうど良い感じの場所です。

 

 

お店情報

アーティストハウス(Artisthouse)

住所:バンコク・アート&カルチャー・センター(BACC)2階  939 Rama I Rd, Khwaeng Wang Mai, Khet Pathum Wan, Bangkok

TEL:(+66)89-141-6660

営業時間:10:00~21:00

アクセス:ナショナルスタジアム駅(BTS)から徒歩約2分(スカイウォークで直結)

駐車場:あり

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村