Sponsored Link




【バンコク・観光】バンコクの新名所「マハナコンスカイウォーク(Mahanakhon SkyWalk)」

Sponsored Link



記事公開:2018年12月12日 記事更新:2018年12月21日

※入場料金について追記しました。

BTSチョンノンシー駅前にそびえ立つ超高層ビル「キング・パワー・マハナコン(King Power Mahanakhon)」最上階に屋外展望台「マハナコンスカイウォーク(Mahanakhon SkyWalk)」がオープンしたと聞き、先日遊びに行ってきました。地上314メートルの高さから眺めるバンコクの街並みはなかなかの絶景でしたよ~!

 

マハナコンスカイウォークとは

今回ご紹介する展望台・マハナコンスカイウォークは、2018年11月16日にオープンしたばかりのニュースポット。キング・パワー・マハナコンの74、75階に位置する屋内展望回廊、78階に設置された屋外展望台の3フロアから成ります。

オープン以来「タイ最高層ビルディング」として知られてきたキング・パワー・マハナコン自体は、今年(2018年)残念ながら最高層ではなくなってしまいましたが、今回ご紹介する展望台は現時点では間違いなく「タイ最高層の展望台&ルーフトップバー」となります。しかも、展望台の一部の床がガラス床(!)となっていると聞き、物珍しさから遊びに行ってみることにしたんです。

 

2019年1月末まで入場割引を実施中

マハナコンスカイウォークの入場券はビル1階のチケットカウンターで購入することができます。将来的には公式サイトからのオンライン予約ができるようになる予定ですが、2018年12月12日現在はまだ稼働していないようです。

https://kingpowermahanakhon.co.th/

気になる料金ですが、2019年1月末まではオープニングプロモーションとして、大人765バーツ(約2,650円)、子ども250バーツ(約866円)で入場することができます。※2018年12月12日時点のレート

 

大人チケットには最上階のルーフトップバーで使えるソフトドリンク無料券、子どもチケットにはドリンク100バーツ割引券がそれぞれ付いてきます。オープン時に発表された正規料金が1,050バーツだったと記憶しているので、それに比べるとだいぶお得ですね(現在、公式サイトから正規料金の記載が消されているので、もしかしたら正規料金が今後改定されるのかもしれません)。マハナコンスカイウォークへ遊びに行ってみようと思っている方がいらしゃったら、プロモーション実施期間中の今が狙い目だと思いますよ。

 

ちなみに今回は計6名で訪れたのですが、受け取ったチケットを見ると、デザインが4種類ありました。インスタ映えを考慮しているんでしょうかね~。

 

超高速エレベーターで74階へ

チケットを購入したら保安検査コーナーへ向かいます。ここでの検査が空港の手荷物検査並みに厳しくて驚きました。まあ、テロなど起きたら大変ですもんね・・。場内へはペットボトルや飲食物の持ち込みが一切できないので、特に旅行者の方はご注意ください。

検査が終わったら、タイでは最高速という超高速エレベーターに乗って74階の屋内展望回廊へGo!。74階まであっという間の移動でした。

 

360度ビューが楽しめる屋内展望回廊

74階でエレベーターを降りるや否や、下写真のようなパノラマビューが目に入ってきます。こちらの屋内展望回廊はバンコクの街並みを360度見渡すことができるのが特徴とのこと。なかなか壮大な眺めです。

自分の住んでいる街を上空からじっくり眺める機会は多くないので、ここからの眺めは在住者の私にとっても興味深かったですね~。360度全方位に高層ビルがずらりと立ち並んでいることにもあらためて驚かされましたが、バンコクには緑が意外に多いんだな~とか、新しい発見もありました。

 

屋内展望台からバンコクの絶景を楽しんだあとは、いよいよ最上階の屋外展望台へ。SF映画に登場するような近未来的なデザインのエレベーターに乗って、78階へサクッと移動します。78階へは階段でも上がることができるので、元気がある人はそちらでどうぞ~。

 

ガラス床は写真撮影にぴったり

78階の屋外展望台に到着すると、そこには人・人・人!皆考えることは同じで、17~19時のサンセットタイム狙いで訪れる人が多いみたいです。並ぶの嫌だなあと一瞬思ったのですが、ここまで来たらガラス床を体験しないわけにはいきません。私たちも飲み物片手にガラス床に乗るための行列に加わることにしました。

 

ちなみにバーのメニューは下写真の通り。

入場券に付いてくるドリンク無料券を使う場合は、水か、下写真のBangkok Sodaのいずれかと交換が可能です。

 

時間にしたら30分以上は行列に並んだと思うのですが、暮れ行く空を眺めながらビールを飲んで話をしていたら、あっという間に行列の先頭集団になっていました。後から知ったのですが、17~19時の繁忙時間帯はガラス床に乗れる時間を1人10分までに制限しているようなんです。行列の管理も非常にスムーズに行われていたので、行列することにストレスは全く感じませんでしたよ。

 

順番が近づいてくると、スタッフからシューズカバーと貴重品袋を渡されます。ガラス床の上には貴重品袋以外は持ち込めないですし、カメラやスマホを取り出すことも出来ないのでご注意くださいね。

 

そしていよいよ!お待ちかねのガラス床に乗れる瞬間がやってきました。ガラス床にこんなにたくさんの人が乗って大丈夫?と不安になるくらい人が乗ってますが、大丈夫みたいです(笑)。皆さん思い思いのポーズを取って写真撮影を楽しんでいましたよ。私は実は高所恐怖症なのでガラス床の上で10分持つか心配だったのですが、ここまで高さがあると現実味が薄れるようで逆に大丈夫でした(笑)。一緒に行った人たちも皆楽しめたようなので良かったです。

写真撮影を目的にマハナコンスカイウォークに行かれる方もたくさんいらっしゃると思うのですが、一点だけ注意点があります。前述の通り、ガラス床の上ではカメラなどを取り出すことが禁止されているので、残念ながら自撮りは出来ません。写真撮影はガラス床の外からしか行えないので、複数人で来て交互に写真を撮る、もしくは第三者に撮影をお願いする必要があります。今回たまたま大人数で行ったので良かったですが、少人数で行かれる方はご注意くださいね。

 

以上、バンコクの新名所「マハナコンスカイウォーク(Mahanakhon SkyWalk)」をご紹介しました。行く前は入場料が高いなあと思っていたのですが、地上314メートルの高さの眺めはなかなか壮大で、入場料分の価値があるなと私は感じました。思いきって足を運んでみて良かったです。

 

2018/12/21追記 入場料金についてご注意ください

2018年12月現在、マハナコンスカイウォークへはオープニングプロモーション価格で入場することができますが、タイミングによっては料金が一時的に変更になるケースがあるようです。クリスマス期間中(2018年12月21~25日)もチケット価格が若干上がっていますのでご注意ください。

お出かけの際は下記FBページで料金をあらためて確認されることをおすすめします。

https://www.facebook.com/KingPowerMahanakhon/

 

 

スポット情報

マハナコンスカイウォーク(Mahanakhon SkyWalk)

https://kingpowermahanakhon.co.th/en/skywalk

住所: King Power Mahanakhon 114 Narathiwas Road, Silom, Bangrak, Bangkok

TEL:(66)2-677-8721(9:00~18:00)

営業時間:10:00~24:00(最終入場23:00)

アクセス:チョンノンシー駅(BTS)から徒歩約1分

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村