Sponsored Link




【バンコク・カフェ】無印良品のカフェ「MUJIカフェ(Cafe&Meal MUJI)」がバンコクにオープン

Sponsored Link



MUJI Thailandが2019年6月に「バリスタ」の募集を開始したことから、バンコクにも近い将来オープンするのではないか?と噂されていた「MUJIカフェ(Cafe&Meal MUJI)」。本日(2019年9月20日)待望のタイ1号店がオープンしました。

新商業施設「Samyan Mitrtown」内にオープン

MUJIカフェは、MRTサムヤーン駅そばに本日開業した大型商業施設「Samyan Mitrtown(サムヤーンミットタウン)」G階の無印良品店内にオープンしました。

 

Samyan Mitrtownとサムヤーン駅2番出口は地下通路で結ばれており、駅から向かう場合は雨に濡れることなくアクセスできます(今日は雨だったので助かりました!)。また、サムヤーン駅の改札は1か所しかなく、改札を出るとSamyan Mitrtownの案内があちこちに貼られているので、方向に迷うことはまずないと思います。

改札を出るとすぐに案内があります。2番出口に進みましょう。

地下通路の入り口(2番出口)。このまま進めば施設に着きます。

地下通路はSamyan MitrtownのB1階(フードコート階)に繋がっていますので、無印良品に行くにはもうひとつ上の階に向かってくださいね~。

 

 

本に囲まれたカフェスペース

MUJIカフェは無印良品店内の中ほどにあります。オープン直後を狙って足を運んでみたのですが、タイ人のあいだで話題になっているだけあってカフェスペースはすでに満席。ほぼ女性客でしたね。

 

レジにも行列が出来ていました。

 

将来的には日本のMUJIカフェ同様、デリメニューも楽しめるようになるそうですが、現時点で注文可能なのは下写真のドリンクメニューとデザート少々のみ。今後どのようなフードメニューが登場するのか楽しみですね。

 

物販スペースの中にあるカフェということで、落ち着かない感じなのかな~?と勝手に予想していたのですが、カフェスペースを囲むように書棚が並べられており、落ち着いてお茶や食事を楽しめるように配慮されているのはさすが。書棚に置かれている書籍も無印良品の世界観に合ったものばかりで、雰囲気の良いカフェスペースでした。

 

また、このカフェスペースでは各種展示も行われるようで、現在は「MUJI Poster Archive Exhibition」という展示が開催中です(2019年10月11日まで)。80年代、90年代の良品計画の広告物を見れる貴重な機会となっていますので、ご興味のある方は足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

品揃え豊富な物販スペースも要注目

せっかくなので、物販スペースについても少しご紹介しておきます。Samyan Mitrtown店は売り場面積1,744㎡と、2017年にリニューアルオープンしたZEN5階の「MUJI ZEN」の倍ほどの広さがあり、2019年9月現在、この店がタイ最大の店舗となります。

 

そのぶん品揃えも豊富なので、無印良品で何か買おうとなったら、とりあえずここに来ておけば間違いなさそう(笑)。

 

人気の刺繍コーナーも広々としていました。

 

多店舗に比べると、特に衣料品のラインナップが豊富に感じました。ONESIZEやMUJI Laboなど、店によっては取り扱いの少ないレーベルの商品もここなら豊富に揃います。これらのレーベルの商品がお好きな方はSamyan Mitrtown店、オススメですよ~。

 

以上、2019年9月20日にオープンしたMUJIカフェ・タイ1号店&無印良品Samyan Mitrtown店についてご紹介しました。オープン記念のセール商品やノベルティなどの特典も用意されていますので、詳細は以下「店舗情報」のFBページをチェックしてみてくださいね。

 

 

店舗情報

MUJIカフェ(無印良品Samyan Mitrtown店)

https://www.facebook.com/muji.thailand/

住所:Samyan Mitrtown G階, Rama IV Rd, Wang Mai, Pathum Wan, Bangkok

営業時間:10:00~22:00

アクセス:サムヤーン駅(BTS)2番出口直通

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村