Sponsored Link



【閉業】フィンランド発の室内遊び場「SuperPark(スーパーパーク)」@アイコンサイアム

Sponsored Link



記事公開:2020年09月29日 記事更新:2020年10月28日

※記事公開時に「一時閉業中」とお伝えしていたSuperParkですが、そのまま閉業してしまったそうです。

 

アイコンサイアムにある子ども向け施設「SuperPark(スーパーパーク)」に少し前に遊びに行ったのでその時のことを。フィンランド発、日本未上陸の室内遊び場は広々きれい。子どもが思いっきり体を動かせる施設でした。

SuperParkとは

2012年にフィンランドで誕生したSuperPark。近年はアジア各国に進出を進めていて、タイには2019年11月に1号店がオープンしました。

 

タイ1号店は商業施設「ICONSIAM(アイコンサイアム)」6階にあり、買い物や食事ついでに気軽に立ち寄れるのが魅力です。ただ、一点注意が必要なのがオープン時間。ICONSIAMは朝10時からオープンしているのですが、SuperParkは11時オープンなので注意してくださいね。

 

 

入場料金&システム

SuperParkでは1日を4セッションに分割、入場チケットを各セッションごとに販売しています。また、オープンからクローズまで終日遊べる1日券や期間限定のお得なプロモーションチケットも(詳細は公式サイトをチェックしてください)。

セッションA 11:00~13:00 280THB
セッションB 13:15~15:15 280THB
セッションC 15:30~17:30 280THB
セッションD 17:45~19:30 230THB
1Day Pass 11:00~19:30 650THB

 

初めて行く場合は写真の滑り止め付きソックス(60バーツ)を入場時に購入する必要がありますが、それ以外は館内でかかる費用は特になし。

 

ロッカーも無料で使えるし(入場時に渡されるリストバンドで自由に開閉できます)、立地や設備を考えると良心的な入場料だと思います。

なお、3歳未満のお子さんは入場無料ですが、3歳以上の子どもと大人の入場料は同額となります。せっかくなので付き添いの大人も一緒に遊んでしまおう!ということで、私も子どもと一緒にたくさん体を動かしてきました(笑)。

 

 

幅広い年齢の子どもに対応した遊び場

室内遊び場というと、幼児から小学校低学年くらいの子ども向けということが多いですが、SuperParkはもう少し上の年齢の子どもも楽しむことができる施設となっています。

 

全般的にサッカー、バスケットボール、テニスなど体を動かす系のコーナーが多いですが、どれも遊び感覚で気軽に楽しむことができる感じ。コロナ禍でものすごく空いていたせいもあると思いますが、スタッフが遊び方をフレンドリーに教えてくれたり、子どもに積極的に関わってくれるのが良かったです。タイはこういうところがいいですね。

 

オープンして一年未満ということで施設内はきれいですし、今のご時世は特に気になる衛生面もばっちりでした。ヘルメットを着用するときは使い捨てのシャワーキャップ、 バッティンググローブの下には手袋を着用する決まりになっているなど徹底していましたよ~。

 

そんなわけでSuperPark、なかなかおすすめの施設でした。2020年9月29日現在は施設メンテナンスのために一時休業してしまっているようですが、営業再開したら買い物や食事ついでにお子さんと足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

 

2020/10/28追記 SuperPark Thailandは完全閉業しました

公式サイトには「一時閉業中」と現在も告知されているSuperPark Thailandですが、各報道によれば完全に閉業してしまったようです。残念です。

 

 

スポット情報

SuperPark Thailand(スーパーパークタイランド)※閉業

https://www.superpark.co.th/

住所: アイコンサイアム6階、 299 Charoen Nakhon Rd, Khlong Ton Sai, Khlong San, Bangkok 10600 タイ

TEL:(+66)2-495-7000

営業時間:11:00~19:30

アクセス:サトーン船着場(BTSサパーンタクシン駅隣)とアイコンサイアム間を運航している無料ボートの利用が便利です→ 詳細

駐車場:あり

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村