Sponsored Link




【バンコク・お土産】予算別!バンコク在住者が選ぶタイのお土産10選

Sponsored Link



海外旅行に行くと、楽しくもあり悩みの種でもあるのが日本へのお土産選びではないでしょうか。私自身も、バンコクに遊びに来てくれた親族や友人から「タイ土産に何がおすすめ?」と相談されることが多いんですよね。

そこで今回は、バンコクで購入できるおすすめのタイ土産を予算別にピックアップ。在住者の私が日本から来た親族や友人に普段渡しているもの、自分自身で使ってみて良かった商品を中心にご紹介します!

バラマキ土産向き・~100バーツ

ヤードム

タイの嗅ぎ薬「ヤードム」は軽量でかさばらず、安価なのでバラマキ土産にぴったり(下写真の一般的なリップスティックタイプなら1本24バーツ)。コンビニやスーパーマーケット等で手軽に入手できるのも◎。

 

下写真のような変わり種ヤードムも私的にはおすすめです。

15種類のタイハーブが詰まった「Hong Thai」。強烈な匂いに最初はびっくりする人多数ですが、なぜか男性ウケが良い印象。

おしゃれなパッケージが魅力の「CHOUI」は女性におすすめ

<購入できる場所>

スーパーマーケット、コンビニなど

<関連記事>

「Hong Thai」「CHOUI」については下記記事で詳しく書いています。

気分転換におすすめ!タイの嗅ぎ薬(ヤードム)「Hong Thai」

おしゃれなパッケージと個性的な香りが魅力!ヤードムブランド「CHOUI」

 

アバイブーベのソープやシャンプー

タイの国立病院が手掛けるオーガニックハーブブランド「アバイブーベ」の商品は女性へのお土産におすすめ。価格帯はさまざまですが、ソープやシャンプー、コンディショナーなどは100バーツ以下で購入可能です。

ソープは1個30バーツ。マンゴスチンやターメリック(ウコン)を原材料に使ったものがあります。

<購入できる場所>

アバイブーベ直営店(スラサック)、一部スーパーマーケットなど

<関連記事>

スラサックにあるアバイブーベ直営店については下記記事に詳しく書いています。

タイ土産探しに便利!スラサックの「アバイブーベ」直営店

 

bynatureのシャンプー・コンディショナー

女性向けということなら、ハーブや植物を原料とした良質なボディケア製品で知られる「bynature」の商品もおすすめです。下写真のシャンプーやコンディショナーなら1本100バーツ以下とお手頃。

<購入できる場所>

オーガニックショップ「Lemon Farm」など

<関連記事>

bynatureのシャンプー&コンディショナーについては下記記事に詳しく書いています。

タイ土産にもおすすめ!「bynature(バイ・ネイチャー)」のシャンプーとコンディショナー

 

市販の袋菓子

タイ土産の定番中の定番商品ですが、市販の袋菓子はやはりお土産に便利。私の場合、最近は下写真の「Doi Kham」や「Glendee」といったブランドのお菓子を選ぶことが多いです。味が良いというのは絶対条件ですが、女性に渡すことが多いので「パッケージがしゃれていてヘルシーそうなもの」というのも一応考慮して選んでいます。

<購入できる場所>

スーパーマーケット、コンビニなど

 

Phutawanのハーバルボール

日本から来た人によく聞かれるのが「ハーバルボールってどこで買える?」という質問。スパブランドのものほど良いもの(高額なもの)は必要ないよという人には、下写真の「Phutawan」のハーバルボールをすすめています。

 

このハーバルボール、1個90バーツという手頃な価格と、電子レンジで温めて使えるという手軽さでなかなか好評なんです。説明書きによれば、1個につき2~3回使用することができるようですよ。

<購入できる場所>

Talad Eathai(セントラルエンバシー地下1階)

<関連記事>

Talad Eathaiについては下記記事で詳しく書いています。

こだわりのタイ土産を買うなら「Talad Eathai」がおすすめ

 

喉シロップ「蜜煉川貝枇杷膏」

タイならではのお土産ではないのですが、個人的におすすめなのが香港製の喉シロップ「蜜煉川貝枇杷膏」。ユリ科の植物・川貝や天草、枇杷の葉などを配合した優しい使い心地の商品なのですが、その効果はなかなかのもの。一番小さいサイズ(75ml)で65B前後とリーズナブルなので、話のネタにいかがでしょうか?

<購入できる場所>

薬局、一部コンビニエンスストアなど

<関連記事>

蜜煉川貝枇杷膏については下記記事で詳しく書いています。

ノドの痛みに効果抜群「蜜煉川貝枇杷膏」

 

万能手土産・~200バーツ

Blue Elephantのタイ料理キット

タイ料理が好きな方には、高級タイ料理店・Blue Elephant(ブルー エレファント)のタイ調理キットをよく渡します。

 

たとえばタイカレー(120バーツ~)のセットだと、カレーペースト、ココナッツクリームパウダー、スパイスなどが入っており、あとは日本で肉と野菜を用意するだけで自宅で手軽に本格的なタイカレーを楽しめてしまうんです。パッケージ裏面には写真入りで調理方法が丁寧に書かれていて安心。

<購入できる場所>

一部スーパーマーケットなど

 

Jim Thompsonのライスクラッカー

前述の袋菓子よりももう少しきちんとした見た目のものを渡したいという場合には、Jim Thompson(ジムトンプソン)の箱入りライスクラッカー(150バーツ)をよく買います。Crab Curry、Tom Yamなど計4種類のフレーバーがあります。セントラルエンバシー地下1階のTalad Eathaiやジムトンプソンファクトリーアウトレットなら試食してから買えますよ。

<購入できる場所>

一部スーパーマーケット、ジムトンプソンファクトリーアウトレット(バンジャーク)など

 

ちょっと良いもの・200バーツ~

KARMAKAMETの商品

タイのアロマブランド「KARMAKAMET(カルマカメット)」は、ちょっと良いお土産を買いたいというときに便利なショップです。どの商品もパッケージがおしゃれなので、女性ウケの良いお土産を探している方におすすめ。

 

サシェ(匂い袋)などかさばらない商品も多数あります。価格帯も200バーツ程度~2,000バーツと幅広いものが販売されているので、予算・目的に合ったギフト・お土産探しができるという点で非常に重宝している店です。

<購入できる場所>

KARMAKAMETショップ各店(BTSサラデーン駅前、エンポリアム裏、チャトチャックウィークエンドマーケットなど)

https://www.karmakamet.co.th/en/store/

<関連記事>

BTSサラデーン駅前のショップについては下記記事で詳しく書いています。

「KARMAKAMET(カルマカメット)」サラデーン駅前店がおしゃれにリニューアル

 

VERBのGhost Oil

最後に、VERB(ヴァーブ)というアメリカ発のヘアケアブランドが出しているヘアオイル「Ghost Oil(ゴーストオイル)」をご紹介します。こちらも「蜜煉川貝枇杷膏」同様、タイ製の商品ではないのですが、以前にTwitterで呟いたら結構な反響があったのでご紹介したいなと。

 

2018年現在、日本では残念ながらVERB製品は市販されていないようなんですよね。そのため、AmazonやBUYMAなどでは高額で取引されているようです。このヘアオイルは本当におすすめ。ご興味のある方はSephoraの店頭で是非テスターを試してみてくださいね。

<購入できる場所>

Sephora各店(エムクオーティエ、サイアムセンターなど)

https://www.sephora.co.th/store-locations

<関連記事>

Ghost Oilについては下記記事で詳しく書いています。

日本未発売のヘアオイル!VERBのGhost Oil (ゴーストオイル)

 

まとめ

以上、バンコクで購入できるおすすめのタイ土産をピックアップしてみました。「あ、あれもあるじゃん!」というものがきっと後から出てくると思うので、思い出したらまた更新していきますね。

 

また、参考までに、過去に書いたお土産関連の記事リンクも下記に貼っておきます。合わせてご覧になっていただければ幸いです。

  • プチプラ土産から高級感のある土産まで幅広い商品が揃う!ドラッグストア「Boots」

【タイのお土産】ドラッグストア「Boots(ブーツ)」で購入できるおすすめアイテム

  • 素敵なウクライナ人女性が手掛けるソープ&コスメ「バンコクソープオペラ」

エシカルなソープ&コスメショップ「バンコクソープオペラ」

  • 3大ローカルスーパーマーケット「Tops」「BigC」「Tesco Lotus」で購入可能な商品15選をご紹介

【バンコク・お土産】タイでバラマキ土産を購入するならローカルスーパーマーケットがおすすめ!

  • かわいい自然派蚊よけスプレー「THEP GUN YOONG」

Warehouse 30で見つけた!おしゃれな蚊よけスプレー「THEP GUN YOONG」

 

以下は、アジアの旅情報サイト「Tripping!」に寄稿したお土産関連記事です。

  • 私おすすめのMade in Thailandなシューズブランドをご紹介

自分用タイ土産にオススメ!バンコク発シューズブランド「Ballet Shoes」

  • タイ政府の公認商品「OTOP」製品は上質でリーズナブル

タイの一村一品運動!OTOP製品はお土産にもぴったり

  • 少し個性的なお土産を探している方へ

次回のバンコク旅行でチェックしてみては?在住者おすすめのお土産4選

 

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村