Sponsored Link



【バンコク・商業施設】セントラルワールド前の大型商業施設「The Market Bangkok(ザ マーケット バンコク)」

Sponsored Link



記事公開:2019年02月16日 記事更新:2020年07月28日

※2020年7月現在の営業状況について追記しました。

 

2019年2月14日、セントラルワールドの向かいに大型商業施設「The Market Bangkok(ザ マーケット バンコク)」が開業しました。駆け足気味ではありましたが、開業初日に館内をざーっと見てきた私が、気になったモノ・コトをご紹介してみようと思います。

 

The Market Bangkokとは

プラチナム・ファッション・モールを運営するプラチナム・グループの手により、ラチャダムリ通りに開業したThe Market Bangkok。セントラルワールドやBIG Cラチャダムリ店などが並ぶバンコク随一のショッピングエリアに、あらたな大型商業施設がまたひとつ誕生しました。

 

「エアコン完備の市場」をコンセプトにしたThe Market Bangkokにはさまざまなジャンルの小規模店舗が3,000店以上集まるほか、有名レストランも多数入居。大型フードコートも完備しており、月間来店者数300万人を目指すそうです。

また、今後はショッピングセンターに併設する形で、マリオット・インターナショナルのホテル2軒「Fairfield」「Moxy Hotels」も建設される模様。私個人的には、日本開業時に大きな話題を集めたMoxy Hotelsの開業を特に楽しみにしています。

 

 

BTSチットロム駅からのアクセス方法

最寄り駅のBTSチットロム駅からThe Market Bangkokへは、スカイウォークを使って雨に濡れずにアクセスすることができます。

 

駅からのアクセス方法ですが、まずは商業施設「Gaysorn Village(ゲイソーンヴィレッジ)」(駅9番出口直結)に入り、Gaysornのなかを突っ切って奥へと進んでください。

 

その後は日系眼鏡店「OWNDAYS」を目指すと分かりやすいと思います。眼鏡店隣にある出口がスカイウォークと繋がっていますので、出口を出てしばらく右に進むとBig C、それからThe Market Bangkokに到達します。

 

 

館内の様子

開業日の館内工事の完成度はう~ん、30%というところでしょうかね。上階のレストランフロアは50%程度が営業開始できていましたが、物販エリアはオープンできていないテナントがかなり目立ちました。ですので、買い物目当てで訪れるならもう少し落ち着いてからが良いと思います。

 

チャトチャック・ウィークエンド・マーケットからも100店舗ほど入居するようですし、本格稼働したら面白い場所になるんじゃないかな?と思います。今後に期待したいですね・・。

 

 

気になったテナント

そんなわけで、現時点ではご紹介できるネタもあまり無いのが正直なところなのですが、目についたテナントの写真をざっと貼っておきます。オープンしていない店も一部含まれていますが、今後をお楽しみにということで・・。

 

  • OWN DAYSから派生した新メガネブランド「SEVEN DAYS OPTIC」 990バーツでメガネがつくれちゃうらしい!

 

  • ラマ9世通りの人気イサーン料理店「ガイヤーン ラマ9」 キレイな店構えに「??」と一瞬驚いちゃいました・・。

 

  • タイスキ店「Manee Me More」。 ゲートウェイ・エカマイにもある店ですね。

 

  • 日本からの出店「日乃屋カレー」 第3回 神田カレーグランプリ」でグランプリを獲った店だそうです。

 

  • リーズナブルな中華料理店「和成豊(フアセンホン)」 まだ工事中。

 

  • ミシュラン掲載の高級中華店「Ruenros Restaurant」 ここもまだオープンしてませんでした。

 

  • 中華街の人気カフェ「Lhong Tou Cafe」 一応オープンしていましたが客席はまだ工事中。

 

  • 昨年サイアムで期間限定営業し、話題を集めたフライドポテト店「Morgann French Fries」。

 

あわせて読みたい
・バンコク中華街のカフェ「Lhong Tou Cafe(ロン・トウ・カフェ)」
https://weekenderbangkok.com/lhong-tou-cafe

 

 

観光客に人気の飲食店が揃う

The Market Bangkokがある一帯は、中国人観光客が大型バスで訪れてショッピングを楽しむエリアということで、The Market Bangkok内には観光客に人気の飲食店もいろいろと集められていました。バンコクのいたるところにある店ばかりなので、在住者が魅力に感じる部分は少ないかとは思いますが一応写真を載せておきます。

 

  • 台湾発「KOI Thé(コイティー)」

 

  • 中国人観光客に絶大な支持を誇るタイ料理店「NARA」。

 

  • マンゴー専門店「Make me mango」

 

  • オープンできてなかったけど「After You」もありました。

 

あわせて読みたい

・上品な味わいが特徴のタイ料理店「ナラ(NARA)」
https://weekenderbangkok.com/entry/nara-thai-cuisine

・王宮エリアのマンゴーづくしなカフェ「メイクミーマンゴー」
https://weekenderbangkok.com/entry/2017/09/09/020344

 

 

謎のどーもくん推し

The Market Bangkokを訪れてみて、謎だったのがNHKキャラクターとしてお馴染みの「どーもくん」が至るところにいたこと。どーもくんカフェにどーもくんグッズの販売、さらにはどーもくんのダンスショーと、なぜだかわかりませんが、どーもくんがてんこもりなのでした(笑)。

 

 

2019/02/27追記 The Market Bangkokを再訪

開業から約10日が経過したThe Market Bangkokを再訪してみました。開業日の物販フロアはオープンできていない店が多数だったのですが、さすがに10日のあいだにいろいろと整ったようです。まだ100%フルオープンの状態とはいえないようですが、今後さらに充実してくれると良いなあと思います。

 

Lhong Tou Cafeの客席も無事工事完了してました!

 

 

2019/11/10追記 施設内にあるおすすめ飲食店

別記事で、The Market Bangkok 内のおすすめ飲食店情報をそれぞれご紹介しています。よろしければ以下の記事もご覧ください。

  • バンコク中華街で人気のカフェがThe Market Bangkokにも登場!

【バンコク・カフェ】人気カフェ「Lhong Tou Cafe(ロン・トウ・カフェ)」がThe Market Bangkokにオープン

 

  • 人気カオマンガイ店「コーアン・カオマンガイ・プラトゥーナム」もオープン

【バンコク・タイ料理】「ピンクのカオマンガイ」がThe Market Bangkokに支店をオープン

 

  • バンコクでは珍しいヨーロピアンスタイルのフライドポテトが楽しめる!

【バンコク・フライドポテト】絶品フライドポテト専門店「Morgann French Fries」

 

  • 安さが魅力!タイ料理好きにおすすめしたいフードコート

都心の一等地にあるのに安い!「The Market Bangkok(ザ マーケット バンコク)」のフードコート

 

 

2020/07/28追記 コロナ後のThe Market館内の様子

先日ひさびさにThe Market Bangkokに足を運んだので、2020年7月現在の館内の様子を追記しておきます。

 

噂には聞いていたのですが、館内全体に空きテナントがかなり目立つ状態となっていました。

 

飲食フロアも厳しそう。

 

当ブログで以前紹介した飲食店も閉店状態となっていました。一時閉店なのか、それとも完全に閉店してしまったのか・・?

 

館内に本当に人がいません。かろうじて人を見かけたのはあらたにオープンした「DON DON DONKI」くらい。切ないです。

 

場所柄、外国人観光客、特に中国人が戻ってこないかぎりは厳しそうですね。観光客の皆さんが以前のようにタイに遊びに来れる日が一日も早く訪れることを願うばかりです。

 

 

スポット情報

The Market Bangkok(ザ マーケット バンコク)

https://www.facebook.com/themarketbangkok/

https://www.facebook.com/themarketbangkok/

住所: 111 Ratchadamri Rd, Lumphini, Pathum Wan, Bangkok

TEL:(+66)2-209-5555

営業時間:10:00~22:00

アクセス:チットロム駅(BTS)から徒歩7分

駐車場:あり

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村