Sponsored Link




【バンコク・ベトナム料理】オンヌット「バインミークリスピー(Banh Mi Crispy)」

Sponsored Link



記事公開:2018年09月20日 記事更新:2018年12月10日

※バインミークリスピーの営業状況について追記しました。

プラカノンの屋台村「Wマーケット(W Market)」で営業しているバインミー店「バインミークリスピー(Banh Mi Crispy)」が、オンヌットにベトナム料理の路面店をあらたにオープンしました。早速お店に行ってきましたのでご紹介します。

オンヌット・ソイ30にオープン

Banh Mi Crispyが新店をオープンしたのはオンヌット・ソイ30。BTSオンヌット駅、もしくはBTSバンジャーク駅から車で約10分ほどの場所です。近くには、以前に当ブログでご紹介した、ジム・トンプソン社クリエイティブディレクターが手掛ける素敵なカフェ「マグパイ(MAGPIE BANGKOK)」もありますよ~。

 

スクンビット通りから向かう場合ですが、オンヌット通りを北上し、ソイ30に入るとすぐ左手にお店があります。オープンして間もないからか、看板などは表に一切出ておらず、ちょっとわかり辛いかもしれませんね。

 

店内はというと、古いタウンハウスを店舗として使っているため、タイの一般的なローカル食堂と変わりない雰囲気でした。天井に飾られたホイアン風のランタンが唯一ベトナムらしさを出しているかなあ?という印象。

 

自家製バゲットが美味しいバインミー

お店のシグネチャーメニューであるバインミーは計5種類(うちMEAT BBQは肉の種類を牛・豚・鶏から選択可)提供されています。100~130バーツといずれもリーズナブルです。

 

各バインミーに入る具材はメニューに事細かに書かれており親切です。何も伝えないといずれのバインミーも結構な量の唐辛子が入ってくるため、スパイシーなのが苦手な方は注文の際に唐辛子を抜いてもらうのをお忘れなく。

 

今回、スペシャル(100バーツ)とBEEF BBQ(130バーツ)をひとつずつ注文したのですが、いずれもボリューム満点!パクチーがたっぷり入っているため、好みが分かれるところだと思いますが、野性味たっぷりなのがお好きな方にはおすすめです。一方、パテはあっさり目な味付けで具材とのバランスが◎。パテの味がくどいのが苦手、といううちの夫も美味しく楽しめたようでしたよ。

 

Banh Mi Crispyのバインミーの感想を私的に一言で言い表すなら「バランスの良いバインミー」という言葉がぴったりハマるのですが、特に注目して欲しいのがパンの美味しさなんですよね~。店名に「クリスピー」とある通り、バインミーに使われているバゲットが本当にクリスピーなんです。お店の方に話を聞いたところ、写真のオーブンで焼いた自家製バゲットを使っているとのこと。バゲットについては並々ならぬ自信があるようでしたよ。

 

新店ではフォーも楽しめる

大満足だったバインミーに加え、この日はフォーも食べてみました(鶏155バーツ、牛175バーツ)。こちらも美味しく食べていたのですが、フォーが運ばれてきてしばらく経ってからちょっと驚くことがあったんです。

奥からキッチン担当の女性が客席まで来られたのですが、「今日のフォーに使われている牛肉があまり良くない」ということをなんとわざわざ謝りに来てくださったんです、ベトナム語で身振り手振りを交えながら・・。私たちはベトナム語がわからないので、内容はホール担当のスタッフが英訳してくれたのですが、要は事情により普段牛肉を仕入れているところからこの日は牛肉を買えなかったそうで、不本意な肉を使ってしまっていて申し訳ないとのこと。たしかにちょっと硬めの肉質ではありましたが十分美味しく頂いていたので、良心的な対応に逆に恐縮してしまったのでした(笑)。

 

温かい接客が魅力

以上、オンヌットにオープンしたBanh Mi Crispyをご紹介しました。今回私が食べたバインミーとフォーのほかには、春巻やデザートなども置いてあるようです(この日はバインミーとフォー以外の料理は出せないとのことで残念ながら食べることはできませんでした。再訪した際に食べてみようと思います)。

なお、私が訪れた日はオーナーさんがベトナムに一時帰国中ということで、お店は前述のキッチン担当の女性と、ホール担当の女性(2か月前にタイに来たばかりだそう)2名で切り盛りされていたのですが、お二人ともベトナム人ということでタイ語がほとんど話せないなか、英語で一生懸命に接客してくれたのが印象に残りましたね。

 

オープンして3週間ほどということで、ドリンクやフードメニューが品切れだったりで、飲食店としては不完全な部分が多いものの、温かい接客に心なごんだ訪問となりました。言うならば、まるでベトナム人の一般家庭にお邪魔して食事をご馳走になっているような感じ(笑)。お店の雰囲気含めローカル色全開なので苦手な方は苦手な店だと思いますが、バンコク中心部のベトナム料理店ではなかなか味わうことができない体験ができるお店だと思います。ご興味がある方は是非お店に足を運んでみてくださいね。

 

2018/12/10追記 バインミークリスピーは現在休業中です

バインミークリスピー(オンヌット・ソイ30)はシェフの怪我により、2018年12月現在休業中です。数週間後には営業再開する予定とのことですので、再開が決定次第、当ブログでも記事を更新したいと思います。

 

<関連記事>

バンコクでバインミーが楽しめるお店は他にもあります!

  • オンヌットの人気ベトナム料理店「Muine(ムイネー)」

https://weekenderbangkok.com/entry/2017/10/02/165231

  • スクンビット・ソイ50のバインミー専門店「Bun Me」

https://weekenderbangkok.com/entry/2018/06/09/103131

  • プナウィティの老舗ベトナム料理店「Vie Ha Long」

https://masabk.exblog.jp/24986929/

  • ラマ4「ロンポーマンション」内「Vietnamese and more」

https://weekenderbangkok.com/entry/2018/03/15/122727

 

 

お店情報

バインミークリスピー(Banh Mi Crispy)

https://www.facebook.com/Banhmicrispyold/

住所:5 On nut Soi 30, Suan Luang, Bangkok

営業時間:07:30~23:00(月-金)09:00~23:00(土日)

アクセス:バンジャーク駅(BTS)もしくはオンヌット駅(BTS)から車で約10分

駐車場:なし

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村