Sponsored Link




【バンコク・鶏料理】トンロー The COMMONS(コモンズ)で楽しむ絶品チキン「バーズロティサリー」

Sponsored Link



トンローのコミュニティモール「The COMMONS(コモンズ)」2階で営業する鶏料理専門店「バーズロティサリー(Birds Rotisserie)」をご紹介します。カオヤイ産のフリーレンジ・チキンを使った絶品ロティサリーチキンは必食の美味しさです!

トンローの人気モール内にオープンした2号店

Birds Rotisserieはフランスの定番鶏料理「ロティサリーチキン」を提供する人気レストランです。2017年6月にYen Akatに1号店をオープンするやいなや、バンコクの食通な人たちのあいだで話題の店となり、1号店オープンからわずか1年後にはThe COMMONSに2号店をオープンしました。

 

The COMMONSにオープンした2号店は、ハンバーガー店「ダニエルタイガー(Daniel Thaiger)」や韓国料理店「Banjoo BBQ」などの人気店が立ち並ぶフードコートエリアで営業しており、1号店に比べ、よりカジュアルな雰囲気で食事が出来るのが魅力です。

El MercadoやOskar Bistroなどに居たフランス人オーナー兼シェフたちが手掛けるロティサリーチキンは本当に絶品!鶏料理がお好きな方には是非トライして頂きたい逸品です。

 

香ばしい皮と柔らかな肉の絶品コンビネーション

Birds Rotisserieのロティサリーチキンは1羽、半羽、1人用の3種類のサイズから選ぶことができます。

 

下写真が半羽サイズなのですが、半羽でも結構なボリュームがあります。2人なら半羽、3~4人で楽しむなら1羽注文するのが良いかと思いますね。写真は半羽(475バーツ)にフライドポテト(150バーツ)、Amanteeのブレッドバスケット(70バーツ)とソース1種類(45バーツ)を追加しています。

ロティサリーチキンの材料には臭みが一切無く、肉に旨味がたっぷり詰まったカオヤイ産のフリーレンジチキンを使用。回転式グリルでじっくりと焼き上げることで、香ばしい皮とふっくら柔らかな身の絶品コンビネーションを実現しています。タイに住んでいるとガイヤーンを食べる機会が多い方も少なくないと思いますが、こちらの店ではガイヤーンとはまた違った美味しさを楽しむことができますよ。

 

ワインやクラフトビールと一緒に楽しめる

なお、Birds Rotisserieの並びにはクラフトビール専門店「The Beer Cap」とワインやウィスキーを販売する「BAR NAAM」が営業しており、お酒はこの2店で調達できます。

 

BAR NAAMには手頃な価格のワインも販売されているので、複数人居るならボトルワインの購入がおすすめ。スタッフも感じが良く、いろいろと相談に乗ってくれます。

 

お店情報

バーズロティサリー(Birds Rotisserie)コモンズ(The COMMONS)店

https://www.facebook.com/BIRDSRotisserie/

住所:The Commons2階 335 Sukhumvit Rd, Thong Lo 17 Alley, Khlong Tan Nuea, Watthana, Bangkok

TEL:(66)96-890-5675

営業時間:18:00~23:00(月-金)11:30~23:00(土日)

アクセス:トンロー駅(BTS)から車で約5分

駐車場:あり

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村