Sponsored Link




【バンコク・トムヤム麺】フードコート「Eathai(イータイ)」で食べる絶品クリーミートムヤム麺

Sponsored Link




気が向いたときにお送りしている「バンコク・フードコートで楽しめる美味しいタイ料理」シリーズ。今回はセントラルエンバシーのEathai(イータイ)で私がよく食べているクリーミートムヤム麺をご紹介します。

 

一度食べるとやみつきに!海鮮たっぷりのトムヤム麺

私おすすめのトムヤム麺の店は、セントラルエンバシー地下1階にあるフードコート・Eathaiで営業しています。

https://www.facebook.com/EathaibyCentral/

セントラルエンバシーはBTSプルンチットとスカイウォークで直結!雨に濡れることなくアクセスできます。

 

Eathaiはタイ全土(北部・東北部・中部・南部)の料理を楽しめることで人気のフードコートですが、メディアに取り上げられるような人気店も実は多数出店しています。魅力的な店とメニューが本当に多いので、タイ料理好きな私的には行く度に目移りしまくり、という困った場所なんですよね~(笑)。

 

そんななかでも、特に高い頻度で食べているのが今回ご紹介する「Kang Ban Phe(ガン・バーン・ペー)」のクリーミートムヤム麺なんです。

Kang Ban Pheの店頭には新鮮そうな海鮮物がずらりと並びます

 

私の大好物、クリーミートムヤム麺(250バーツ)はこちら。港町ラヨーンに本店を置く海鮮レストランが運営している店だけあって、新鮮なシーフードがたっぷり使われているのがここのトムヤム麺の特徴です。ラヨーン産のシャコに加え、カニ肉、エビなどがどっさり入ってますよ~。

海鮮ダシの効いた濃厚でクリーミーなスープに、麺、具材が合わさったハーモニーが織りなす味は唯一無二。時折無性に食べたくなってしまうから困りものです。

 

なお、Kang Ban Phe Eathai店ではトムヤム麺以外に以下の料理も楽しむことができます。フードコートということで品数は限られますが、他のメニューも美味しいですよ~。

麺類の注文方法を記した日本語マニュアル(?)も完備していて安心です

 

また、もっといろいろなメニューを食べてみたいということであれば、バンコク都内(ルアムルディー通り、アソーク)にある実店舗がおすすめ。実店舗の情報は以下の別記事にまとめていますので、よろしければこちらもチェックしてみてくださいね。

 

スポット情報

Kang Ban Phe(ガン・バーン・ペー)Eathai店

https://www.facebook.com/kangbanphe/

住所:セントラルエンバシーLG階, 1031 Ploenchit road, Pathumwan, Bangkok

営業時間:10:00~22:00

アクセス:プルンチット駅(BTS)から徒歩約3分

駐車場:あり

ブログランキングに参加しています。
応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 海外生活ブログ バンコク情報へ
にほんブログ村